【セファランチン】AGAには効果ナシ。円形脱毛には効果アリ。

医薬品としても扱われる『セファランチン』

育毛剤でいうと薬用プランテルに配合されています。医薬品成分ということもあり、一見薄毛に効きそうなセファランチンですが、AGA(男性型脱毛症)には一切効かないのが現実です。

では、なぜAGAには効かないと言い切れるのか、具体的に説明します。

セファランチンの概要

まずは、セファランチンの概要を簡単に。

セファランチンは、タマサキツヅラフジという植物から抽出したアルカロイド成分で、主に円形脱毛症や粃糠性(ひこうせい)脱毛症、白血球減少症の治療に用いられます。

円形脱毛症や粃糠性脱毛症においては、高い効果を示した臨床データもあり、科学的根拠もある医薬品成分として認められています。ここで重要なのは、有効性を示したのは円形脱毛症や粃糠性脱毛症だけというところ。

つまり、AGA(男性型脱毛症)に対する有効性は認められていないということです。

セファランチンの効果・効能

セファランチンの効果には、主にこのようなものが挙げられます。

  • 免疫機能増強
  • 血液幹細胞増加
  • 白血球増加
  • 抗アレルギー作用
  • 抹消血管拡張など

これらの効果は、セファランチン配合の医薬品(内服薬)を服用することで得られます。つまり、体内に取り入れることで最大限の効果を発揮するのです。

では、外用薬(育毛剤)はどうか?

例えば、最強の発毛剤であるミノキシジルでも外用薬と内服薬では発毛効果に大きな差があります。これは、セファランチンにしても同じことが言えるのです。

育毛剤に含まれるセファランチンの量など雀の涙程度ですから、外用薬では円形脱毛症にすら効果が薄いのが当たり前。AGAに効果があるなんてもっての外というわけです。

育毛サイトでは、あたかも薄毛全般に効くような言い方をしますが、そんな万能薬は存在しません。セファランチン配合育毛剤をゴリ押しする、それらしい言い分には惑わされないようにして下さい。

AGA診療ガイドラインで否定されている

セファランチンは、AGA診療ガイドラインでも否定されています。

※C2:「根拠がないので、勧められない」という判定出展:AGA診療ガイドライン2010年版

円形脱毛症や粃糠性脱毛症では効果があったとしても、AGAとは原因が異なるので混同しないように気をつけて下さい。ちなみに、これは2010年版のガイドラインですが、2017年版ではセファランチンの名前すら消えています。

この事実が意味するものは、もう言うまでもありません。

セファランチンにも利用価値はある

今回は、医薬品成分でもあるセファランチンについて説明しましたが、いかがでしたか?

  • AGA以外の脱毛症には効果的。ただし、内服薬推奨。
  • AGA(男性型脱毛症)にはAGA治療薬を。
  • セファランチン配合育毛剤はやめとけ

AGAとその他の脱毛症では原因が違いますから、治療方法が異なるのは当たり前です。

効果があるのは、あくまでも円形脱毛症や粃糠性脱毛症。それも内服薬による効果ですので、くれぐれも胡散臭い育毛剤には手を出さないようにしましょう。いずれにしても、医療機関で診察を受けるのが無難な選択です。

友達の若ハゲにも共有してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です