【発毛の2択】AGA治療は『病院 or 個人輸入』どっちがいい?

AGAを治療したいけど、医療機関か個人輸入どっちにしよう?

この2択で迷っていませんか?

薄毛で悩み始めた方が最初に辿り着くのが育毛剤などのゴミ商品でしょう。そこから『育毛剤生えないじゃん!』てことに気付き、それなりの知識を付けて辿り着くのが個人輸入の医薬品や、薄毛専門の病院です。

AGA(男性型脱毛症)を治療する上で、いわば究極の2択である両者ですが、どちらを選択しても髪を生やすことは可能です。ですから、ご自身が納得できるほうで治療するのがいいでしょう。

今回は、『AGA治療の究極の2択』である医療機関と個人輸入について、それぞれを利用したときのメリットとデメリットを話していきたいと思います。

AGA治療は継続することが何より大事

AGA治療はどうしても長期戦になります。

それは病院で治療するにしろ、個人輸入した医薬品を使用するにしろ、どちらにも共通して言えることです。途中で止めてしまえば、それまで行ってきた治療が無駄になってしまいますから、頭に入れておいて下さい。

ここで話すのは両者のメリットやデメリットですが、人によって優先順位が変わるのは当たり前のことです。安全性や信用を優先するのか、価格や手軽さを優先するのかは個人の判断ですから、あらゆる面で納得出来るほうを選択するようにして下さい。

結局、継続することが何より大切だと考えて、治療に臨むようにしましょう。

皮膚科やAGAクリニックで治療する場合

まずは、医療機関で治療する場合から話していきます。

普通に考えて、医療機関で治療するのが一番確実な方法です。単純な話ですが、我々のような素人がテキトーに考えて治療を始めるより、きちんとプロに診断してもらうのは、むしろ当たり前のことでしょう。

ですが、そう単純に考えられないのが、AGAという病気の治療です。おそらく、他でAGAクリニックをオススメしているサイトを見た方もいると思いますが、どこも似たようなところを勧めていたはずです。

医療機関と言っても無数に存在するのに、なぜ一部しか紹介されないのか不思議に思いませんか?

こうなる原因は、ネット広告を出しているAGAクリニックが限られているからです。ネット広告を出しているということは、当然アフィリエイト報酬が絡んでいるので、紹介者には一定の紹介料が支払われています。

つまり、育毛剤の紹介サイトと基本構造は同じで、ある程度は紹介料目的で運営されているということです。実際に髪が生える方法を紹介しているので、良心的っちゃ良心的ですが、全て鵜呑みにするのも考え物でしょう。

特に、高額治療を施すようなクリニックを紹介しているところは、あまり信用しないほうが身のためです。AGA診療ガイドラインでも、投薬治療以外は推奨されていないので、そんなことまでやる必要はないのです。

また、ランキング形式で紹介するようなサイトもあまり信用できないでしょう。これも育毛剤と同じで、報酬が高いものが上位に入っているだけですから、信頼度や治療内容は関係なく順位付けがなされています。

ここでもAGAクリニックを紹介していますが、ランク付けなんて無意味なことは行っておらず、本当にお勧めしたいところは1つに絞っています。ネットに出ているAGAクリニックなんてほんの一部ですから、診察を受ける前にいろいろとご自身で調べてみるのが賢明な判断でしょう。

実際、一番お勧めしたいのはご近所の皮膚科で、なおかつAGAに詳しい皮膚科医がいるところです。皮膚科も場所によりますが、かなり安く治療薬を処方してくれるところがあります。一度、訪ねてみるといいでしょう。

前置きが長くなりましたが、メリットデメリットの話に移ります。

医療機関のメリット

医療機関のメリットは何より『安全性』です。

個人輸入するジェネリック医薬品とは違い、国内承認薬が処方されますから、安心して治療に臨むことが出来ます。治療内容にしても専門の医師が状態を判断してくれるので、適切な量で個人に合った治療をすることが出来るでしょう。

また、遺伝子検査や血液検査が出来るのも医療機関のメリットです。医薬品である発毛剤には副作用が付き物ですから、定期的に検査して身体に不具合が起きていないかを診るのは非常に大切なことです。

一応書いておきますと、HARG療法などの専門治療が出来るのも医療機関のメリットっちゃあメリットになります。個人的には否定していますが、実際髪が生える方法の1つですし、継続するだけの経済力がある方にはある程度勧められます。

ただし、止めれば元に戻るのでご注意を。

医療機関のデメリット

続いて、医療機関の欠点について話していきます。

とりあえず『値段たけーよ』ってのが、誰しも共通して思うところでしょう。実際、AGA治療にかかる費用は安いものではありませんし、結局言い値ですから病院によっても様々です。

さらに、拍車をかけているのが保険適応外(⇐これが納得いかん)ということです。これがなければ、医療機関で治療を受ける人はもっと増えているでしょう。命に関わらないという理由なんでしょうが、ハゲたのが原因で自殺するやつもいるかもしれないだろう厚生労働省よ。

さらに、もう1つの欠点として挙げられるのが、通うのが難しいということです。難しい理由も人によって異なると思いますが、大半は『近所にない』『通うのが恥ずかしい』←この2点でしょう。ハゲに厳しい世の中ですからね。

以上が、医療機関で治療を受ける際のデメリットです。通うのが月1程度とはいえ、なかなかハードルが高いのは頷けます。せめて保険くらいはどうにかしてほしいと思ってしまいますが、どうにもならんのでしょうね。

値段が高い、通うのが難しいということに関しては、ある程度解消してくれるところがあるので、よければ参考にして下さい。

医薬品を個人輸入して治療する場合

ここからは、個人輸入について話していきます。

医薬品を個人輸入すること自体は合法的に認められていますから、特に問題ありません。ただし、全て『自己責任で行う』というのは一応頭に入れておいて下さい。

有名どころは『オオサカ堂』や『アイドラッグストア』ですから、個人輸入する場合はこの辺りを利用するのが妥当でしょう。

個人輸入のメリット

とりあえず、『安い』ってのが最大のメリットです。

日本でAGA治療薬といえばプロペシアが有名ですが、病院で処方されるものはだいたい7,000円前後が相場になっています。これに対し、個人輸入出来るジェネリック医薬品は、フィンペシア(Finpecia)1mgが3,000円前後です。しかも100錠入りで。

『そりゃ、みんな個人輸入するわ』って感じですよね。

安全性に不安を覚える海外製とはいえ、中身は同じなんですから。継続が必要なAGA治療の性質上、安いほうを取る気持ちはとてもよく分かります。継続が必要だからこそ『安全な方を選びたい』という気持ちも、よく分かりますが。

もう1つのメリットは、『種類が豊富』なことです。

リンク先のオオサカ堂は特にですが、選ぶのに困るくらい種類は豊富です。そのため、発毛剤を個人輸入する場合はある程度知識が必要になってきます。選ぶ基準がコスパなのか、成分濃度なのか、製薬会社なのか、何を基準に置くかは人それぞれですが、テキトーに選ぶのはやめたほうがいいでしょう。

以上が、発毛剤を個人輸入する場合のメリットです。とにかく安く済ませたい人向けですね。

個人輸入のデメリット

続いて、個人輸入の欠点を話していきます。

一言でいえば、『海外製』だからというところに集約されるでしょう。海外製だから得体が知れない、製薬会社が不安、衛生面が不安、輸入経路が不安、とにかく海外製は信用ならないってことですね。

まず、偽物が混在することがあるというのが、一番よく言われていることです。ぶっちゃけ偽物が届いたとしても素人には見分けがつかないですから、これ言ってるやつはどうやって判断したんだ?と思ってしまいますが、まぁ無視できないところではあるでしょう。

また、成分表記にない危険な成分が入っていることがある、というのもよく言われています。危険な成分が何なのかは不明ですが、本当かどうかわからない時点で不安要素にはなります。

あとは、商品によって届くのがやたら遅い場合があるということです。AGA治療は途切れてしまうと巧くないですから、余裕を持った発注が必要不可欠になってくるでしょう。

この辺りが、個人輸入する場合のデメリットです。海外製に違和感を覚えない方は特にデメリットに感じないかもしれませんね。

AGA治療は納得した方を選択するのが一番

今回は、医療機関と個人輸入に関するメリットとデメリットを話しましたが、いかがでしたか?

  • 安全性重視なら医療機関を利用する
  • 価格を優先するなら個人輸入を利用する
  • なにより継続することが一番大事

大枠ではこの2択ですが、厳密に言えば選択肢はさらに増えるでしょう。

医療機関ならAGA専門外来か皮膚科という選択があります。さらに独自治療や、専用のシャンプーや、扱う治療薬も微妙に違いますから、料金体系もそれによって大幅に変わるでしょう。

発毛剤を個人輸入するにしても、輸入代行業者も様々ですから、そこから選択することになります。前述したオオサカ堂やアイドラッグストアは確かに有名どころですが、他にもっと良いところがあるかもしれません。治療薬も安さだけで選べば失敗する可能性がありますから、成分や製薬会社についてもある程度は調べる必要があるでしょう。

AGA治療と一言でいっても、これほど選択の幅は広いということです。医療機関で治療するにしろ、発毛剤を個人輸入するにしろ、ご自身で調べてみて一番納得できる選択をして下さい。

個人的見解を述べるなら、『比較的安く治療してくれて、信頼できる医療機関』が一番お勧めです。近所の皮膚科等に、一度電話でもして聞いてみるといいですよ。

このサイトでも、『発毛の選択肢』は紹介していますので、よければ参考にして下さい。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。