【薬用グローリンギガ】安すぎる育毛剤の実態を暴く

激安育毛剤『薬用グローリンギガ』をご存じですか?

育毛業界は消費者をぼったくることで成り立っているわけですが、この育毛剤はその理念に反しているといっても過言ではない価格設定となっています。やたら高い育毛剤ですら何の効果も得られないのに、コイツの存在価値とは一体なんなんでしょうかね。

てことで今回は、異様に安い薬用グローリンギガの実態に迫っていきます。

劇的に安い薬用グローリンギガ

グローリンギガの良さをあえて挙げるとするなら、その安さです。というか、それしか見当たらない。

グローリンギガの安さを強調するために、その他の育毛剤の値段を紹介しておきます。ネットで大人気のチャップアップは8,000円程度、消費者をぼったくる気満々のDeeper3Dは15,000円程度です。その他、医薬部外品を名乗る育毛剤がチャップアップと同じような価格帯であり、キャピキシル配合の化粧品に該当する育毛剤が10,000円強の価格帯になっています。

それに比べて、グローリンギガの価格設定はかなり良心的というか、安すぎます。育毛剤はクソ高いという常識を覆すグローリンギガのお値段がこちら。

税込たったの820円

通常価格が4,500円とも書かれていますから、期間限定なのかもしれませんが、それにしても安すぎる。ホントに成分入っているのか?と疑われてもおかしくないほどの価格設定ですが、その安さから売れているのは間違いないでしょう。

有効成分2種とその他大勢

続いて配合成分の話に移ります。

育毛剤が成分の配合量を記載しないのは、もはや当たり前のことですから、グローリンギガの成分配合量も不明です。値段が値段ですので、配合量を書かないのをいいことに成分をケチっていることも十分考えられるでしょう。

センブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウム

有効成分がこの2つですが、いずれも育毛剤にはありきたりな成分であり、特に期待できる要素はありません。これらの有効成分について簡単に紹介しておきます。

AGA(男性型脱毛症)の原因は、血行不良でも肌荒れでもありませんから、たとえこれらの成分がまともに作用したとしても何の意味もないのです。そもそも育毛剤は毛乳頭や毛母細胞までは浸透しないので、まともに作用というのも夢のような話ですがね。

その他大勢の成分

その他にもいくつかの成分が配合されているので、一応紹介しておきます。

有効成分以上にどうでもいいので、名前だけに割愛させていただきます。

  • アロエエキス
  • 海藻エキス
  • カモミラエキス
  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • オウゴンエキスなど

薬用グローリンギガに利用価値はあるか?

ない。

強いて挙げるなら、『金銭的リスクが少なく、薄毛対策をしている気分を味わえる』くらいでしょうか。薬用グローリンギガを使用しても何の効果も実感できないのは間違いないですから、安いという理由で使用するのはやめておきましょう。

販売ページの内容は何1つ信用していませんが、リピート率が高いようなことも書かれていました。そのリピート率はなんと93%。おそらく嘘でしょうが、その安さからなんとなく継続購入する人もいるんですかね。

どう見積もっても効果がないことは明白ですから、安いとはいえ無駄な出費は抑えるようにして下さい。

友達の若ハゲにも共有してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です