【ヒオウギエキス】抜け毛予防?いやいや効果ないでしょ。

この記事では、植物由来の天然成分『ヒオウギエキス』を全否定していきます。

多くの育毛剤の定番成分となっているヒオウギエキス。この成分をやたら褒めちぎるサイトがそこら中で散見されますが、絶賛されるような効果は何1つ得られないと言うのが真実です。

さらに、これを含む育毛剤で髪が生えないのも揺るぎない事実。

ヒオウギエキスが持ち上げられる理由

まずは、ヒオウギエキスが何者なのか簡単に説明しましょう。

ヒオウギエキスは、ヒオウギという植物から抽出されることから、まんまヒオウギエキスです。ヒオウギの由来は、葉の形が平安貴族の持つ『檜の扇』に似ていることからその名が付けられたそうです。

こいつが育毛効果ありと絶賛される最大の理由は、主成分が『イソフラボン』であることに集約されます。イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをすることで有名ですから、これをやたら持ち上げてアホみたいに紹介しているというわけです。

女性にハゲが少ないのは女性ホルモンが働くからというのは、ご存じの方も多いと思います。そんな女性ホルモンと似た働きをする『イソフラボンが主成分のヒオウギエキスって凄いよね』ていうのが、育毛サイトの言い分です。

そんな簡単にハゲが治るか。

とりあえず、このようなしょうもない理由で絶賛されている事実はご理解頂けたと思います。

なにより、このヒオウギエキスという成分は実に多くの育毛剤に配合されています。それらの育毛剤は後述するとして、これがいたるところで絶賛される最大の理由です。つまり、ヒオウギエキスを散々褒めちぎった挙句・・・・・

『ヒオウギエキス配合の育毛剤はこちらがオススメ!』

という流れで各種育毛剤を売り込むわけです。ヒオウギエキスなんて主成分でも何でもないんだから、それを売りにするのがおかしな話なんですがね。

ヒオウギエキスの育毛効果

では、ヒオウギエキスの育毛効果とやらを見ていきましょう。

  • 保湿
  • 抗炎症作用
  • 抜け毛予防

化粧品にも配合されるヒオウギエキスは、保湿に優れた成分というのが一応正しい認識です。

保湿効果の根拠は『MMP-1』という分解酵素の抑制にあります。MMP-1からコラーゲンの分解を阻止することで、お肌の潤いを保つということです。まぁ、頭皮に塗る育毛剤でそれほど効果があるとは思えませんが、所詮保湿効果だからどっちでもいいか。

抗炎症作用にしても、炎症が原因ではないAGAには無意味ですから特に言うこともありません。

唯一可能性を秘めているとすれば、抜け毛予防くらいです。といっても、5αリダクターゼの抑制で脱毛予防とか言ってるヒオウギエキスは、かなり胡散臭いのは言うまでもありません。なぜなら、これはAGA治療に代表されるフィナステリドやデュタステリドと同じ効果ですから、とても信じ難いというか『そんな効果はない』と断言して差し支えないでしょう。

それに、フィナステリドやデュタステリドにしてもあくまでも内服薬で効果が得られるのであって、外用では内服薬ほどの有効性はありません。つまり、AGA治療に推奨される成分ですら、頭皮に塗って抜け毛予防になる保証はどこにもないのです。

これを踏まえて、ヒオウギエキスが申し訳ない程度しか入っていない育毛剤で効果あると思いますか?

何の実績もないヒオウギエキスに、ハゲを止める効果を求めるのがそもそもおかしな話。

ヒオウギエキスの実験データ

そんなヒオウギエキスですが、実験データがあったので参考までに紹介しておきます。

【概要】

  • モルモットを対象
  • バリカンで刈った部分にヒオウギエキス外用薬を塗布
  • 未処理部分と、外用薬塗布部分で育毛効果を比較
  • 結果、ヒオウギエキス外用薬が有効性を示した

※参考:https://patentfield.com/patents/JP19930309859#pdf

ざっくり書くと、このような感じになりますが、いくつかツッコミどころがあるので説明していきます。

まず、ヒトではなくモルモットを使ってる時点で、何の参考にもならないのは言うまでもありません。なぜなら、モルモットにハゲる原因は存在しないから。AGAの原因が関与しないモルモットで効果があったから何なんだ?という話です。

もう1つは、ただの育毛効果であるということ。バリカンで刈ったところからの育毛効果というのは、ただ単に『毛が伸びる速さ』を見ただけです。どれだけ伸びるのが早くなろうが、ハゲたところから生えなければ意味がないのは言うまでもなく、なにより対象はモルモットですから1つも参考にならない。

当時、『M-034』が似たようなデータを持ち出していましたが、あちらは人間を対象にしていたことを見れば、まだマシだったのかもしれません。まぁ、これと似たような内容ですから我々ハゲには意味のない成分ですが。

いずれにしろ、薄毛改善には到底ならないということです。

ヒオウギエキスに発毛効果はない

ヒオウギエキスの育毛効果はご覧頂いた通りです。

前述した実験では、それなりに高濃度のヒオウギエキス配合液を使用しています。実験対象がモルモットとはいえ、ある程度の育毛効果を示したのはそのためでしょう。一方で、育毛剤に含まれるヒオウギエキスはごく少量。育毛剤は1つ1つの成分濃度を明記しないので正確にはわかりませんが、低濃度であることは間違いないでしょう。

そんな低濃度では育毛効果すら疑うのが普通です。

これがヒオウギエキスの実態ですから、疑似女性ホルモンを謳っていようが特に期待する要素は何もないのです。

ヒオウギエキスを配合する育毛剤

ヒオウギエキスをちょろっと含む育毛剤を紹介しておきます。

上で説明したように、ヒオウギエキスで髪は生えないどころか育毛効果すら怪しいので、上っ面しか書かない売り文句には騙されないように注意して下さい。

ヒオウギエキスを配合する育毛剤は、以下の通りです。

これらの育毛剤にヒオウギエキスが入っています。そもそもヒオウギエキスとか関係なく育毛剤で髪は生えないので、購入は控えて下さい。

ヒオウギエキスには期待するな

今回は、育毛剤の定番成分『ヒオウギエキス』を紹介しましたが、いかがでしたか?

  • せいぜい保湿効果を望める程度
  • 万が一、億が一、毛が伸びるのが早くなるかも
  • まぁ100%生えないからご安心下さい

育毛成分なんてのは所詮この程度のもんです。

これと似たような成分を数種類~数十種類テキトーに配合したものが育毛剤と呼ばれる商品ですから、過度に期待するのは止めておきましょう。

これ以上ハゲたくなければ、おとなしく発毛剤の使用をご検討下さい。

友達の若ハゲにも共有してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です