【本音】ミノキシジルの多毛症ばかり煽るクソサイト

ミノキシジル使うと体毛増えるから、育毛剤使いましょう!

ネット上は、こんなことを言うクソサイトばかりです。みなさんは、ミノキシジルで体毛が増えることを恐れて育毛剤を使っていませんか?

今回は、ミノキシジルの多毛症を煽るクソサイトを全否定します。

育毛、発毛の常識

まず、ミノキシジルを含む発毛剤と育毛剤の違いをお話しましょう。

  • 育毛剤 ⇒ ノーリスクで育毛効果が出れば奇跡
  • 発毛剤 ⇒ リスクはあるが髪が生える

育毛や発毛に詳しい方なら、これが常識です。ノーリスクが育毛剤のメリットみたく言われてますが、何の効果もない育毛剤を使うことにメリットなんてありませんよ。育毛剤じゃ薄毛対策にはならないことを覚えておいて下さい。

多毛症のリスクを主張して、育毛剤を売りたいだけ

多くの育毛関連サイトが、ミノキシジルの多毛症を煽るのには理由があります。

結論から言うと、育毛剤を売りたいだけ。我々薄毛で悩む人間に育毛剤を売りつけて、自分は金儲けしてやろうという魂胆なのです。そこで、多毛症が発生するミノキシジルは育毛サイトの格好の的。副作用を強調して槍玉に上げられるのには、このような理由があるのです。

では、多毛症を主張する育毛関連サイトがどのようにして育毛剤に誘導しているのか、いくつか例を挙げてみたいと思います。

  • 「ミノキシジル使うと体毛が濃くなるらしいから、育毛剤を使いましょう!」⇐これが一番アホ。漠然と副作用を煽るだけで、根拠が何もない。
  • 「ミノキシジルでこんなに体毛が増えたよ!(画像)怖いから育毛剤使おう!」⇐やたらと毛深い人の画像で恐怖を煽る。そこまで毛むくじゃらにはならない。
  • 「体毛濃くなるリスクまで負う必要はないよ!ゆっくり効果が出る育毛剤使おう!」⇐これもアホ。現状、ノーリスクで髪を増やす方法はありません。冷静に考えて、何の効果も出ない育毛剤を使う金銭的リスクのほうが計り知れない。
  • 「多毛症だけでなく、他にもこんな副作用が!やっぱ育毛剤使おう!」⇐確かに、ミノキシジル内服薬が認可されないのも、そんな理由です。ただし、ノーリスクの育毛剤では何も得られないことも事実。
  • 「多毛症が心配な方は育毛剤を!体毛が増えても髪を増やしたい方は個人輸入の医薬品を!」⇐ムカつきますが、一番賢いやり方です。どちらに転んでも育毛剤か医薬品が売れて、自分が儲かる仕組みになっています。

大半がこんな内容です。どいつもこいつもホントにバカなんじゃないの?と思うくらい、同じような文章を書き並べて、一番下に育毛剤の広告を貼りつけるというやり方。もう飽きたよ、そのパターン・・・。

私から言えることは、こんなこと書いてるサイトは「信用するな」ってことです。多毛症が出るのは確かですが、だからといって育毛剤を使う理由にはならないのです。

ミノキシジル外用薬で体毛は増えない

そもそも、体毛が増えるのは内服薬を使った場合だけで、頭皮に塗るだけの外用薬で多毛症なんて出ません。ですが、たまに「ミノキシジルの外用薬で体毛が増えた」などと書いているバカなサイトがあります。

そんなわけないやん笑

頭皮に塗っただけで、全身に行き渡る原理を教えていただきたい。

冷静に考えてみて下さい。頭皮にミノキシジルを塗っただけで体毛が増えるのなら、塗った箇所の髪の毛は、それ以上に増えそうなもんです。ですが、実際は外用薬よりも内服薬のほうが、はるかに高い効果があるのが現実です。

つまり、多毛症が発生するのは内服薬で、外用薬だけ使用している場合なら多毛症の心配なんてする必要はないということです。外用薬で体毛が増えるなんて都市伝説としても成り立たないようなバカげた話なんで、シカトしといて下さい。

そんなトンデモ話まで出てしまうのは、金に目がくらんだ育毛関連サイトの歪んだ意思のせいでしょうね。

ミノキシジルで体毛が濃くなるのは当たり前

そもそも、ミノキシジルは血管拡張薬として開発されており、AGA治療というのは後出しです。高血圧の薬として使用していたら、体毛および頭髪が濃くなるという副作用を発見し・・・

  • 「髪が増えるなら、AGAにも効果的なのでは?」
  • 「よし!AGA治療に使ってみよう!」

といった経緯でAGAの治療薬になっています。つまり、すべて分かった上でAGA治療に使っているのです。AGA治療という観点から見ているから、『髪が生えるのが主作用』で『体毛が増えるのが副作用』という言われ方をされますが、そもそもどちらも副作用なんですよね。

AGAの特効薬のように言われているミノキシジルしかり、フィナステリドしかり、AGA治療と呼ばれるものは、ただの対症療法でしかないのです。

薄毛克服にはリスクはつきもの

ミノキシジルには、確かに多毛症という副作用が存在します。ただし、それはミノキシジル内服薬だけ。AGAクリニックで貰う塗り薬や、市販のリアップで多毛症なんて出ないので、過度に心配しないようにして下さい。最後に、この記事の内容をまとめておきます。

  • 育毛関連サイトは、多毛症を主張して育毛剤を売りたいだけ
  • 多毛症が出るのは、ミノキシジル内服薬だけ
  • 体毛が濃くなるのがイヤなら、ミノキシジル外用薬だけ使用する

ミノキシジル内服薬で、髪だけ生えるなんて都合の良いことはありえないので、服用する場合は体毛が増えるくらいの覚悟はしておかなければなりません。

多毛症が怖いから育毛剤を使うのではなく、多毛症というリスクと発毛というメリットを天秤にかけ、ミノキシジル内服薬を使用するかどうかの判断をして下さい。

友達の若ハゲにも共有してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です