育毛業界の血行促進神話に言及します【※髪が生えると思うな】

若ハゲ男子
今日も育毛剤で血行促進や~。ちゃんと生えてくれよ~。

いい加減、無駄な努力はやめませんか?

本記事の概要
  • 育毛業界の血行促進神話に言及
  • 育毛・発毛は容易ではない

結論から言うと、育毛剤で血行促進なんてムリです。

仮にできたとしても、血流をよくして髪が生えるほど薄毛は甘くありません。

育毛業界の血行促進神話に言及

育毛業界の血行促進神話に言及

いまや当たり前に言われてますよね?

『血行促進すれば育毛できる』と。

どこもかしこも同じことばかり言うので、血流を良くすれば髪が生えるんだと、誤解してる人も多いのではないでしょうか。

danchi
この記事でその誤解を解きます

なぜ血行促進で育毛なんて言われるようになったのか、髪が生えるという誤解が生まれているのか、この機会に真実を知っておいて下さい。

血行不良になる原因

育毛について調べると、いろんな原因で血行不良になるという話を聞くと思います。

ざっと挙げると、下記の通り。

血行不良になる原因

  • 運動不足
  • 寝不足
  • タバコ
  • ストレス
  • 冬場の冷え

よく聞くのは、この辺りだと思います。

で、血行不良が原因でいろんな症状が起こると言われています。例えば、肩こりや腰痛、便秘や冷え性とかね。これらは、実感したことがある人も多いと思うので、たぶん本当の話なんでしょう。

でも、問題はここから。

血行不良でハゲる説が浮上

冒頭で話した『血行促進で育毛』とセットで、『血行不良でハゲる』というのもよく聞く話ですよね?

若ハゲ男子
うんうん、確かに~

でも、冷静に考えてみて下さい。

血行不良でハゲるというのなら、なぜ側頭部や後頭部はハゲないんですか?

この理屈が正しければ、生え際や頭頂部と同じようにハゲなければおかしな話です。髭や眉毛にしても、別に薄くなってないですよね?

danchi
理屈が通らないんですよ

先ほど、血行不良が原因であらゆる体調の変化が起こるという話をしました。それらが科学的に証明されているかは知らないですが、確かに理屈は通っていると思います。実際に感じてる人もいるでしょうしね。

でも、血行不良でハゲるという言い分は通らないです。

あくまでも私の憶測に過ぎませんが、『血行不良でハゲる』というのは、育毛業界が便乗して言い出しただけではないでしょうか。

こう思う理由を、次の章で話します。

血行促進する方法が提唱される

世の中には、血行不良を改善するための方法がいくつか提唱されています。

具体例を挙げると、下記の通り。

血行促進する方法

  • 有酸素運動
  • 筋トレ
  • 生活習慣の改善
  • 禁煙
  • マッサージ

ざっとこんな感じです。

ぱっと見で分かる通り、健康的にはなりますよね、確実に。全部実践すれば、血行不良も改善されるんじゃないでしょうか。でも、これらは問題視することではありません。

問題なのは、ここに頭皮マッサージや育毛剤といった手法も紛れ込んでいるということです。

先ほどの話の続きですが、育毛業界が血行不良でハゲる説を言い出した理由は、まさにこのためだと思っています。つまりどういうことかというと、『血行不良でハゲる』説を定着させておけば、血行促進を謳って育毛剤や関連商品を消費者に売り込みやすくなるのです。

danchi
ハゲビジネスは儲かりますからね

ひとことで言うと、ただの印象操作

商売上手と褒め称えたいところですが、本気で薄毛に悩んでいる我々からすれば、たまったもんじゃありません。

育毛剤や関連商品が世に広まる

ここまでの内容で、育毛業界は消費者の印象操作に成功しています。

なので、あとは商品を売り込むだけ。

血行促進を謳って、育毛剤やシャンプーやサプリメントを販売すれば、騙された消費者が手を出すという仕組みです。育毛剤の売り文句は『血行促進で髪が生える』と誤解してもおかしくない言い回しをしてますよね。さらに、それを加速させているのが、個人の育毛サイトやブログ

育毛剤の紹介料は、大体5,000円~10,000円が相場なので儲かります。

金に目が眩んだアフィリエイターは紹介料目当てで、育毛サイトを立ち上げまくっています。本来、医薬部外品である育毛剤には宣伝する際の文言に規制があるのですが、個人サイトは無法地帯なので、平気で『血行促進で生える』とか言っちゃうんですよね。

danchi
髪が生えるという誤解が生まれるわけだ

こんな具合で、育毛剤や関連商品が世に広まると同時に、血行促進神話もより浸透してしまったという感じです。

danchi
憶測だけど、割と的を得てると思う

育毛・発毛は容易ではない

育毛・発毛は容易ではない

育毛や発毛って、そんな簡単にはいきません。

簡単に解決する悩みなら、世の中からハゲは絶滅してるはずですが、そうはなってないですよね。

血行促進で改善するほど薄毛は甘くない

先ほど、血行促進しても意味がない理由を話しましたが、もう少し掘り下げて解説していきます。

おさらい

  • 血行不良でハゲるなら、髭や眉毛、後頭部や側頭部に至るまで、同様に薄くならないと理屈が通らない
  • 同じ理由で、血行促進しても薄毛は改善しない
  • 血行促進で生えるという誤解は、個人の育毛サイトが嘘の情報を拡散したがため

ここまでは説明した通りで、割と事実だと思います。

で、もう1つの理由として考えられるのが、ミノキシジルの存在です。おそらくですが、ミノキシジルの発毛効果を血行促進によるものだと、誤解している人が多いんじゃないでしょうか。

本来、高血圧症患者に投与する薬であったミノキシジルですが、強烈な血管拡張作用によって頭髪や体毛が増えるという副作用が出たために、のちにAGA治療薬にも利用されるようになりました。

若ハゲ男子
やっぱ血行促進したら生えるんじゃん
danchi
そうじゃないっつってんだろ、ハゲ

血管拡張作用と聞いて、血行促進で生えていると誤解する人が多いですが、具体的にはそうではありません。というのも、血行促進作用によって頭髪や体毛が増加するのであれば、他の降圧剤や血管拡張薬でも同じような副作用が出るはずですが、そうなっていないからです。

ミノキシジルで頭髪や体毛が増えることに関して、はっきりとは解明されていませんが、今のところ細胞の活性化や増殖を促すという説が有力なので、厳密には血行促進じゃないんですよね。

若ハゲ男子
へ~
danchi
とりあえず、育毛剤やめようか

つまり、ミノキシジル=血行促進作用と思っている人は、他の方法での血行促進でも髪が生えると誤解しちゃうってことです。

この機会に正しく認識しておきましょう。

民間療法で改善するほど薄毛は甘くない

世の中には、謎の育毛理論を提唱する輩がいます。

頭皮マッサージもそこに含まれますが、目的は『血行促進して育毛しよう』というのが大半なので、無意味なことはやめておきましょう。理由は、説明した通りです。

薄毛対策は他にもいろいろあるので、ざっと例を挙げておきます。

薄毛対策として意味を成さないもの達

  • 禁煙
  • よく寝る
  • ビタミンサプリ
  • 亜鉛サプリ
  • ノコギリヤシサプリ
  • カプサイシン+イソフラボン
  • イワシ食う
  • ワカメ食う

恥ずかしながら、全て私が実践済みのものばかりです。

danchi
全く効果なかったので、参考までに

あくまでも薄毛には意味がないというだけなので、健康的にはなります。やりたい人はどうぞ。

血行促進は薄毛対策の本質ではない

血行促進を目的とする民間療法や、あらゆる育毛理論は薄毛対策の本質とかけ離れています。

AGA(男性型脱毛症)の原因は、そこではありません。

AGAの原因

酵素が作用することで発生するDHT(ジヒドロテストステロン)が、受容体と結びつき、脱毛指令を出すことで抜け毛を誘発する

ここにアプローチしなければ薄毛は改善しようがないので、血行促進とか的外れもいいとこですよ。

言い方を変えると、これさえ対策すれば薄毛(AGA)は改善出来ます。なので、薄毛を改善したい人は、AGAの原因に正しくアプローチできる方法を実践しましょう。

育毛業界に搾取されるカモから卒業しよう

育毛業界に搾取されるカモから卒業しよう

今回は、『育毛業界の血行促進神話』に言及しました。

割と的を得た内容だったと思いますが、いかがでしたか?。最後に要点をまとめておきます。

本記事の要点
  • 『血行促進して育毛する』とか『血行不良でハゲる』説は、育毛業界が勝手に言ってるだけ
  • 個人の育毛サイトが『血行促進で生える』とかいう嘘を拡散したせいで、誤解する人が増えている
  • 血行促進で生えるほど、薄毛は甘くない

育毛業界の言い分を素直に聞いてるうちは、はっきりいってただのカモです。

騙されたままだと搾取されるだけなので、できれば早めに気付いて方向転換しましょう。薄毛を克服したいならね。

それでは、今回はこの辺で。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。