【キャピキシル】薄毛には効かない化粧品成分の実態を暴く

『ミノキシジルの3倍!』←この売り文句を鵜呑みにしてませんか?

これは化粧品成分であるキャピキシルの売り文句ですが、安易に3倍の発毛効果と考えるのは止めておいて下さい。この文言にはカラクリがあり、実際は発毛効果が全くないのがキャピキシルの真実なのです。

今回は、化粧品成分キャピキシルで『髪が生えない』理由をお話します。

この手の記事にありがちなのが、否定的なことを言いつつも結局は育毛剤へ誘導するパターンです。ここでは、そんなしょうもないことをするつもりはないので安心してご覧下さい。

副作用もなく、ミノキシジル以上の効果がある?

では、キャピキシルで発毛しない理由を説明します。

キャピキシルは天然由来成分である『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド3』を合成したもので、それぞれの効果は以下の通りです。

  • アカツメクサ花エキス⇒5-α還元酵素を抑制し、抜け毛を予防する
  • アセチルテトラペプチド3⇒毛母細胞を活性化させる

5-α還元酵素を抑制=フィナステリドやデュタステリドの効果。毛母細胞を活性化=ミノキシジルの効果。さらに副作用の心配もないだと・・・・・

なんて素晴らしい成分なんだ!

そう叫びたくなるほどです。なぜなら、発毛において3種の神器ともいえるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルと同じような効果なんですから。

ただし、それが本当であればという話です。

ミノキシジルの3倍と言われる理由

キャピキシル配合の育毛剤は、最強の発毛剤と名高い『ミノキシジルの3倍』を売り文句に、その効果の高さを強調しています。以下の画像をご覧になったことはないでしょうか。

  • ミノキシジル:52%
  • アセチルテトラペプチド3:156%

図を見て分かる通り、キャピキシルを構成するアセチルテトラペプチド3の効果は測ったかのように3倍の数値です。多くの育毛サイトはこの画像を引っ張り出して、根拠のある売り文句のように謳っているのです。確かに、これだけの発毛効果が出せるのなら、まさに薄毛の救世主と言っていいでしょう。

ただし、このデータが発毛根拠にならない理由があります。よくよく調べると、この実験に用いられたのは培養した細胞であり、人間の頭皮で行われものではないのです。つまり、この実験データの真実は『薄毛の原因が関与しない環境下』で行われているということです。さらに、完全なる自社データであることも信憑性には欠けるところ・・・・・。

一方、発毛成分であるミノキシジルは数百人を対象とした臨床試験も行っており、高い効果を示しています。

  • 培養細胞の実験データを誇らしげにアピールするキャピキシル
  • 数百人に発毛作用が認められたミノキシジル

もし、本当にミノキシジルの3倍の発毛効果があるのなら、試験管の上ではなく人間の頭皮で比較実験を行った方が、よほど説得力があるとは思いませんか?

それをやらない時点ですでに答えは出ています。

医薬品でも医薬部外品でもなく、化粧品に分類される

キャピキシルは本来、まつ毛美容液としてカナダの Lucas Meyar Cosmetics という化粧品会社が開発しています。そもそも育毛剤の成分として作られたわけではないということです。育毛剤は薬機法(旧薬事法)により、大きく3つに分類されています。

キャピキシル配合の育毛剤は、正確には以下のようにカテゴライズされるのです。

  • 【医薬品】⇐ リアップなどの発毛剤
  • 【医薬部外品】⇐ チャップアップなどの育毛剤
  • 【化粧品】⇐ キャピキシル配合の育毛剤はここ

ミノキシジル配合のリアップは医薬品。キャピキシル配合の育毛剤は化粧品。キャピキシル配合の育毛剤が分類される化粧品は、『医薬部外品よりも効果が緩やかであり、肌を清潔にし、健康に保つ』と定義されています。つまり、発毛剤とはまったくの別物であり、効果にも大きな差があるということです。

そんな化粧品で髪が生えると思いますか?

化粧品と名乗るのには何かしら理由があるのでしょうが、正直そこまで調べる気にはなれません。また、医薬部外品と化粧品で育毛効果に差はないと言う人もいます。いずれにしても髪は生えないから、どうでもいいか。

※1 薬機法とは、【医薬品、医薬機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律】の略称です。

キャピキシル配合の育毛剤は高い

キャピキシル配合の育毛剤がどれくらいあるのか、参考までに紹介しておきます。

  • フィンジア ⇒ 12,800円
  • Deeper3D ⇒ 15,984円
  • THE SCALP5.0C ⇒ 15,000円
  • バイタルウェーブ ⇒ 11,880円
  • BOSTONスカルプエッセンス ⇒ 10,584円

※ 単品購入の税込価格です。

これらの育毛剤を紹介するサイトでは、必ずと言っていいほど『ミノキシジルの3倍』という売り文句でゴリ押ししています。実態は説明した通りですから、騙されないように気をつけて下さい。そして、ただ1つ言えること。

クッソ高い。

化粧品成分で髪は生えません

ミノキシジルの3倍を謳うキャピキシルについて紹介しましたが、いかがでしたか?

  • ミノキシジルの3倍は100%嘘
  • キャピキシルは育毛成分ではなく化粧品成分
  • キャピキシル配合製品は、控えめに言ってぼったくり

もし、本当に副作用もなく発毛効果をもたらすのであれば、世界中のAGA患者を救っているのは言うまでもありません。ミノキシジルに対抗意識を燃やす成分は他にもありますが、どちらに軍配が上がるかは、実績を見れば一目瞭然なのです。

つまり、薄毛対策に使用するべきは胡散臭いキャピキシルではなく『発毛根拠が確かなミノキシジル』だということです。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。