【塩化カルプロニウム】医薬品成分がAGAに効かない理由とは?

医薬品成分としても利用される『塩化カルプロニウム』。

医療機関で処方される外用薬にも含まれる成分ですが、実際はAGAには大して効かないというのが塩化カルプロニウムの現実です。カロヤンシリーズの愛用者は聞いといて損はない話ですよ。

今回は、塩化カルプロニウムが『AGAに効かない』理由を詳しく説明します。

塩化カルプロニウムとは

まずは、塩化カルプロニウムという成分について、ざっと説明しておきます。

塩化カルプロニウムは血管拡張作用があることで知られており、主に胃腸薬の主成分として扱われています。胃腸の血行を促進することで胃液を分泌させ、胃腸の働きが活発化するということですね。

つまり、もともと育毛成分ではないということです。

ここで気になる点は、『血管拡張作用』というどこかで見覚えのある効果。薄毛対策に敏感な方はご存じでしょうが、これは最強の発毛成分と謳われるミノキシジルと全く同じ効果です。

ミノキシジルの場合、血管拡張作用によってもたらされる『多毛症』が、結果的に髪を生やすことにつながっているわけですが、これは強烈に細胞の分裂や増殖を促すからです。

肝心なのは、塩化カルプロニウムが同様にそのような作用をもたらすのか?というところでしょう。

てことで、もう少し詳しく見ていきましょう。

塩化カルプロニウムの効果・効能

塩化カルプロニウムの効果・効能は以下の通りです。

  • 慢性胃炎
  • 弛緩性便秘症
  • 消化管機能改善
  • 乾性脂漏
  • 尋常性白斑
  • 抜け毛予防
  • 発毛促進

我々に肝心なのは、育毛や発毛に効果があるのかどうかですから、抜け毛予防と発毛促進以外は無視していきます。

医薬品成分として扱われているくらいですから、このような効果をもたらすのは本当なのでしょうが、大半は内服した場合の効果です。塩化カルプロニウムが含まれる育毛剤は頭皮に塗るだけですから、その程度で育毛効果があるのかは正直疑問に思うところではあります。

塩化カルプロニウムの副作用

続いて、塩化カルプロニウムの副作用を見ていきましょう。

【内服】

  • 発刊、下痢、腰痛
  • 吐き気、嘔吐、胸やけ
  • 胸の圧迫感

【外用】

  • 過敏症、刺激、痛み
  • 痒み、かぶれ
  • 発刊、発疹

外用ではミノキシジル同様、ほとんどが皮膚症状ですから、健康的被害はほぼないと見ていいでしょう。

ちなみに、以下に該当する場合は服用することすら禁忌とされています。

  • 気管支喘息、消化性潰痕
  • 甲状腺機能亢進症、心臓病
  • てんかん、パーキンソン病
  • 妊婦

塩化カルプロニウムを配合する外用薬

次に、塩化カルプロニウムを含む外用薬を見ていきます。

  • アロビックス液、カルプラニン液、フロジン液
  • カロヤンシリーズ(プログレ、アポジカ、ガッシュ)

上段3点は、主に医師の診断を受けて処方してもらう外用薬となります。

カロヤンシリーズに関しては、薬局等で購入できる市販薬ですから、実際に見たことがある方もいるでしょう。ジェネリック医薬品を除いては大方この辺りが塩化カルプロニウム配合液です。

使うことはほぼないと思いますが、ネットで評判の育毛剤なんかよりは遥かにマシとだけ言っておきます。

薄毛に効果はあるのか?

さて、ここから本題に入っていきます。

我々にとってもっとも肝心な『薄毛に効くのか?』という点です。正確に言えば『AGA(男性型脱毛症)に効くのか?』というところです。男性の薄毛の8~9割はAGAですから、ここで効果を示さなければ意味はないのです。

NFカロヤンガッシュの臨床試験をもとに検証

塩化カルプロニウム外用薬であるカロヤンガッシュを用いた臨床試験が行われているので、そちらを参考に検証していきます。

AGA(男性型脱毛症)の記載がない・・・。

60%以上の改善率を示した円形脱毛症、びまん性脱毛症、病後・産後の脱毛に関しては、AGAと原因が異なりますから、まぁ参考にはなりません。粃糠性脱毛症はご覧の通り、言うまでもない。

一番参考になりそうなのが壮年性脱毛症ですが、これも年齢(主に40~50代)と共に発症する薄毛症状ですから、若年性脱毛症であるAGA(10代~30代)とは異なります。

ちなみに、塩化カルプロニウムを用いた臨床試験はこれのみで、AGA被験者を対象としたものは行われていません。もっともAGAに近い壮年性脱毛症ですら、全体の改善率は30.2%ですし、著名改善はたったの1人です。

これを見る限り、外用でAGAの改善はほぼ期待できないと言って差し支えないでしょうね。

ミノキシジルですら、外用薬では大して発毛効果は得られないので、当たり前っちゃ当たり前か。

AGA診療ガイドラインでも微妙な評価

塩化カルプロニウムは、日本皮膚科学会が公表する『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン』でも微妙な評価を受けています。

C1判定の意味合いは、『科学的根拠はないが、行ってもよい』というものです。

A判定であるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルは『科学的根拠があり、行うよう強く勧める』というものですから、塩化カルプロニウムは大して推奨されていないということです。

とはいえ、AGA診療ガイドラインに掲載されている時点で、ある程度は認められている証拠ですから、ここに載らないその他大勢に比べれば遥かにまともな育毛成分ではあるでしょう。

AGA対策としては微妙な塩化カルプロニウム

今回は、医薬品成分としても用いられる『塩化カルプロニウム』を紹介しましたが、いかがでしたか?

  • その他育毛成分よりは、遥かにマシ
  • AGA以外の脱毛症なら、ある程度勧められる
  • 分かりやすく言うと、ミノキシジルの劣化版

臨床試験でそれなりの結果を残していますから、育毛効果があるのは間違いないでしょう。

ただし、それはAGA(男性型脱毛症)ではなく、円形脱毛症やびまん性脱毛症といったその他の薄毛症状です。つまり、AGAを患う我々に用いても大した薄毛改善は見込めないということです。

副作用にしてもミノキシジルと変わらないんですから、これなら『ミノキシジル使うわ』という人が大半でしょうね。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。