【大豆イソフラボン】身体に良いだけ、髪は生えない

『大豆イソフラボン』が薄毛に効くと思っていませんか?

育毛業界では、もはや当たり前のように語られる大豆イソフラボンの育毛効果ですが、実際そんな簡単に髪が生えないから我々ハゲは日々悩んでいるのです。

そんなわけで今回は、大豆イソフラボンで『髪が生えない理由』を説明していきます。

大豆イソフラボンとは?

まずは、大豆イソフラボンがどういった成分なのか?という話。

イソフラボンとは、大豆や葛(くず)などのマメ科植物に多く含まれる植物性ポリフェノールの一種であり、健康や美容に効果的といわれています。その中でも、日常的に摂取しやすいのが大豆イソフラボン。

大豆イソフラボンはゲニスチン、ダイジン、グリシチンなど数種類の成分で構成され、女性ホルモンであるエストロゲンと分子構造が酷似していることから、似たような働きをもたらすと言われています。大豆食品は栄養価も高いため、食事に取り入れれば健康な身体を作るのにも効果的です。

こんな話はどうでもいい

ここまで話したのは、どこの育毛サイトにも書かれたごく一般的なイソフラボンの概要に過ぎません。正直こんな話はどうでもよく、我々が知りたいのは大豆イソフラボンで『本当に髪が生えるのか?』というところ。

あやふやなことばかり言う育毛サイトに真実はありません。発毛根拠を確かめるにはもっと深く追求する必要があるのです。

腸内細菌によって作られる『エクオール』が本質

大豆イソフラボンについて詳しく掘り下げてみると、どうやら大豆イソフラボンそのものがエストロゲン女性ホルモン)の働きをするわけではないようです。

実は、エストロゲンと似た働きをするのは『エクオール』と呼ばれるもの

エクオールとは、腸内細菌によって大豆イソフラボンから作られる物質であり、このエクオールこそがエストロゲンのような働きをするのです。ただし、エクオールがまともに作られるのは腸内細菌が活発に働いている人のみ。若い女性でも約4人に1人の割合なのだという。

つまり、大豆イソフラボンを積極的に摂取したとしても、エクオールの恩恵を受けられるのはごく一部ということになります。エストロゲンと同じ働きをするにしても作られなければ意味はないですし、そもそも男性ホルモンごりごりの薄毛男性に、ほんの少し疑似女性ホルモンが増えて何になるというのか。

仮にとてつもない育毛効果があろうと、効果を得られる可能性はどうやら低いようです。

大豆イソフラボンの育毛効果を全否定

では、肝心の育毛効果を見ていきましょう。

5αリダクターゼの抑制

5αリダクターゼとは、脱毛因子DHTを生み出す還元酵素として有名ですが、大豆イソフラボンには5αリダクターゼを抑制する効果があると言われています。これは、AGA治療に用いられるフィナステリドと同じ作用ですから、本当なら期待出来そうなもの・・・。

フィナステリドでいうと豊富な臨床試験を行った結果、何百人に発毛効果をもたらした実績があり、AGA治療の定番プロペシアの主成分にもなっています。

一方で、大豆イソフラボンはどうか?

いくつか研究データは存在しますが、とても発毛根拠があるとは言えないものばかり。中にはラットを対象にDHT濃度が減少したなんて胡散臭い研究データもありました。ねずみに効果があったから何だというのか・・・。

どれだけ見ても、頭皮で髪が生えたなんて研究データはありませんでした。こんな不明瞭な成分とフィナステリドのどちらを選ぶかは、もはや迷うようなことではないですよね。そもそも、大豆製品なんてそこら中で簡単に手に入ります。

これで薄毛が治るのなら、ハゲ人口はもっと減っているでしょう。

成長因子IGF-1の増加

イソフラボン+カプサイシンの相乗効果により、髪の成長に関わる成長因子が増加するという説。名古屋市立大学の岡崎教授らが発表した研究データですが、テレビ番組で取り上げられたこともあり、育毛業界で一世を風靡しました。

しかしながら、この研究論文には捏造があったことが発覚し、岡崎教授ら数名は停職や退職処分という結果になっています。論文全てが不正というわけではないようですが、成長因子増加については疑わざるを得ません。ちなみに、成長因子注入治療はAGA診療ガイドラインでも否定されているので、本当に増加効果があったとしても髪が生えるのかは疑問です。

捏造という背景があるにもかかわらず、一部の育毛サイトでは未だに『カプイソ』などと称して、いかにも発毛効果があるように言われています。それはなぜか?

関連商品を売りたいだけ

つまり、ただの営利目的です。わかりやすくていいですね。

抗酸化作用

髪が生えることとは無縁。以上。

大豆イソフラボンを1年間摂取したときの話

これは余談ですが、過去に毎日大豆食品を摂っていた時期があります。

ここまで大豆イソフラボンの育毛効果を全否定しておきながら、『なんじゃそれ!』と思われるかもしれませんが、過去の私には何の知識も経験もなかったのです。実際にどんな食生活を送っていたのかというと・・・・・

朝に豆乳、夜に豆腐多めの味噌汁と納豆1パック

コレを365日ほぼ毎日食べ続けていました。

周りにハゲ対策のためと悟られたくなかったので、『好きだから』という苦し紛れの言い訳をするほど、当時の私は妄信していたようです。これで育毛効果でも得られたら良かったんですけどね。

『何も変わらん』

別に特に好きでもない食べ物を毎日食べ続けたのに、私の髪の毛には何1つ変化は起きませんでした。まぁ、今思うと当たり前なんですけどね。

といった体験談を最後に語ってみました。これでも身を削ったつもりなんで参考になれば幸いです。

多少、健康のためにはなったかな。

大豆イソフラボンで髪は生えない

今回は、大豆イソフラボンで髪が生えない理由を紹介しましたが、いかがでしたか?

道中で話した通り、ネット中どこを探しても大豆イソフラボンで髪が生えたなんて実例は見当たりません。検索して出てくるのは、大豆イソフラボンと育毛商品を無理やり関連付けてゴリ押しするサイトばかり。結局、育毛成分としては胡散臭いとしか言いようがありません。

大豆食品を健康のために摂るのは非常に良いことだと思います。ただし、薄毛を改善する気があるのなら、まともな治療を受ける外ないので、よく分からない成分に頼るのは止めておきましょう。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。