【リデンシル】ミノキシジルの2倍の発毛効果は完全に嘘

  • 『リデンシルがミノキシジルの2倍の発毛効果って本当?』
  • 『ミノキシジルより髪が生えるの?』

こんな疑問にお答えします。

結論から言うと、”ミノキシジルの2倍”髪が生えることはありません。というか、リデンシルには発毛効果すらないです。

断言する理由は、この記事を読めば分かります。

◆本記事の概要

『リデンシルはミノキシジルの2倍効果がある』←これを全否定

リデンシルは化粧品成分で、育毛成分ではない

リデンシルを含む育毛剤は、クソ高い

誇らしげに語ってるのは育毛剤を売りたいアフィリエイトサイトだけです。甘い言葉には騙されないようにしましょう。

リデンシルに発毛効果があると錯覚する理由

リデンシルに発毛効果があると錯覚する理由

まず、リデンシルの効果を見てみましょう。

そこら辺の育毛サイトでは、だいたいこんなふうに紹介されてます。

  • 毛根付近に存在するバルジ領域を活性化させ、毛母細胞を増殖する
  • 毛乳頭の中に存在する繊維芽細胞を活性化させ、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する

なにやら凄そうな印象を受けますね。

毛母細胞を増殖するとか、毛乳頭細胞を活性化するとか、まさにミノキシジルの効果そのものです。こんなことが実現するのなら、本当に髪は生えるかもしれません。

でも、一旦冷静に考えてみましょう。

リデンシルが含まれるのは育毛剤(厳密には化粧品だが)ですよね。

育毛剤にはいろんな育毛成分がごちゃ混ぜに入ってるので、リデンシルの含有量なんてたかが知れてます。というか、申し訳ない程度にしか含まれてません。

例を挙げると、こんな感じ。

  • REDEN:3%
  • Deeper3D:5%

少なっ。

ミノキシジルを5%配合するリアップX5ですら大して発毛効果は得られないのに、ただの化粧品成分であるリデンシルをちょろっと入れただけの育毛剤で、本当に髪が生えると思いますか?

育毛・発毛分野にこんな革命が起きているなら、リデンシル入れてない他の育毛剤メーカーは全部潰れてます。

医者だって、フィナステリドやミノキシジルを患者に勧めません。副作用がなくて髪が生えるのなら、それが一番いいですからね。

もちろん、そんな革命は起きていないので、発毛促進はミノキシジル1点のみです。

消費者が理解できないような単語で漠然と髪が生えそうな印象を与えるのが、リデンシルの悪いところです。こんなこと言われたら『髪生えそう』って思っちゃいますよね。

でも、物事には裏があるので、本質を見極めなければなりません。

“リデンシルはミノキシジルの2倍”←否定します

ミノキシジルの2倍を全否定

前置きが長くなりましたが、ここが本題です。

ミノキシジルの2倍の根拠を、ぶった斬っていきましょう。

リデンシルはミノキシジルとの比較実験を行っており、それがまた胡散臭い内容になっています。以下に実験データの画像を貼っておきますが、ぱっと見の印象だけで判断しないようにしましょう

育毛サイトは、この画像を持ち出して『ミノキシジルの2倍』とか嬉しそうにほざいているわけです。

リデンシルの実験データ
  • 左:未処理
  • 真ん中:ミノキシジルで+118%
  • 右:リデンシルで+214%

出展:リデンシルの実験データ

数字をご覧頂くと分かる通り、リデンシルがミノキシジルの約2倍の結果を出してます。これが謂れの根拠になっているわけですが、これだけで判断すると痛い目を見ることになりますよ。

というのも、この実験は試験管の上で行われたもので、人間の頭皮で発毛効果を示したわけではないのです。

『でも2倍の効果出てるじゃん』

そう思うかもしれませんが、これじゃダメなんです。

そもそもAGAは、ジヒドロテストステロンとか受容体の感受性といった強烈な遺伝的要素が絡み合って引き起こされます。

でも、試験管の上にそんな要素はありません。なので、いかにミノキシジルの2倍だろうと、この実験は発毛効果が出た根拠にはならないのです。

こんなことまで、育毛サイトでは言わないですよね?

効果がないのがバレるから。

このブログでは、育毛剤を一切紹介してないので全部言います。薄毛で悩んでる人に髪が生えないものを勧めても意味ないですからね。

ちなみに、人間の頭皮で実験してるデータもあるので、一応紹介しておきます。

それがこちら。

リデンシルの実験データPART2

一見すると効果があるように見えますが、これにもツッコミどころがあります。

確かに人間の頭皮で行われた実験であることに間違いありません。ただし、ここで比較対象になっているのはミノキシジルではなくプラセボ(偽薬)。

人間の頭皮になった途端、なぜか偽薬と競い合っているのです。

ミノキシジルの2倍を謳うのであれば、人間の頭皮でもミノキシジルと比較しなければ根拠は成り立たないですよね?

  • 試験管の上:リデンシル vs ミノキシジル
  • 頭皮:リデンシル vs 偽薬

なぜ?

答えは簡単。頭皮でやり合うとミノキシジルに負けるから。

本当に発毛効果があるのなら、ミノキシジルとの比較を出しても何ら問題はないはずです。そもそも本来争うべき土俵はそこでしょうよ。それをしない時点で宣言したようなものなんです。

『髪は生えない』と。

とりあえず、この実験は何のアテにもなりません。

万が一、億が一、リデンシルで髪が生えたとしても、ミノキシジル以上に生えることは100%ないので安心して下さい。

以上が、リデンシルの実態です。

これで、もう『ミノキシジルの2倍』に騙されることはないと思います。

ドイツの展示会で銀賞を受賞したアピール

リデンシルは化粧品成分

ここから少し余談です。

リデンシルは、ドイツで開催された化粧品展示会で優れた化粧品成分として銀賞を受賞したそうです。

『んなもん知るかっ!』

他の育毛剤にしてもそうですが、モンドセレクションで金賞を受賞しただの、○○部門で1位だのよくのたまっていますが、そんなもん髪が生えることとは1mmも関係ありませんし、興味もありません。

我々が求めるのは受賞経歴ではなく『発毛効果』です。それを示してからアピールして欲しいものですね。

リデンシル配合の育毛剤はクッソ高い

リデンシル配合の育毛剤はクッソ高い

リデンシル配合の育毛剤っていくらするか知ってます?

『アホか』と。

『キャピキシルの記事』でも言いましたが、とりあえずクソ高い。ちゃんと髪が生える医薬品ですら数千円で買えるのに、軽く1万円越えって・・・・・。

完全にハゲの足元見てますね。

これだけのお金があれば、ミノキシジル外用薬が2ヶ月分は買えてしまいます。どう考えても値段に見合った価値はないので、買わないで下さいね。

余談と言いながら、愚痴っぽくなってしまいました。すみません。

リデンシルで髪は生えません

リデンシルで髪は生えません

今回は、ミノキシジルの2倍という嘘を触れ回る『化粧品成分リデンシル』を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

最後に、要点をまとめておきます。

ミノキシジルの2倍は100%ありえない

育毛成分ですらない化粧品成分で生えるはずがない

わかりやすく言うとキャピキシルの2番煎じ

従来の育毛成分とは若干異なる雰囲気を醸し出しつつも、結局のところ髪を生やすには至らない代物です。

もし本当に発毛効果があるというのなら、『人間の頭皮でミノキシジルと対決してくれ』と言いたいところ。

リデンシル同様、あらゆる育毛成分をゴリ押しする育毛業界の裏には、涙を飲んだ薄毛難民が多くいるはずです。

ミノキシジルの2倍なんて甘い言葉には、必ず裏があるので気を付けましょうね。

という注意喚起をしつつ、この記事を終えます。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。