【オウゴンエキス】ハゲには効かない定番成分

育毛剤の定番成分の1つである『オウゴンエキス』。

神々しいその名前から、とてつもない恩恵を受けられるかと思いきや、実際は発毛効果はおろか育毛効果すら怪しいのがこの成分の実態です。

今回は、『髪が生えない』育毛成分オウゴンエキスについて、詳しくご紹介します。

オウゴンエキスとは

まずは、オウゴンエキスとは何者なのか?という話から。

オウゴンエキスとは、シソ科植物のコガネバナの根である『オウゴン』から、水やアルコール等で抽出したものをそう呼んでいます。オウゴンには、フラボノイド類、ステロイド類、バイカリン等が含まれており、古くから漢方に利用されたり、化粧品成分としても広く使われているのです。

わかりやすく言うと、『汎用性が高い』ってこと。

オウゴンエキスが幅広く利用されているのは事実ですが、我々が知りたいのはそんなことではなく、育毛分野においてどれほど価値のある成分なのかというところです。

てことで、オウゴンエキスの育毛効果を詳しく見てみましょう。

オウゴンエキスの育毛効果とは

オウゴンエキスには、以下の育毛効果があると言われています。

  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 脱毛抑制

およそこの辺りになりますが、1つ1つ説明していきましょう。

まず抗炎症作用ですが、頭皮の炎症が原因ではないAGAには、ほぼ無意味。抗アレルギー作用にしても、何を語るまでもなく髪が生えることとは無縁です。つまり、どっちも完全なる補助効果。

 

育毛剤には、保湿、抗炎症作用、抗アレルギー作用といった育毛効果を謳う成分が無駄に多く含まれています。これらを配合する育毛剤の言い分は、『頭皮環境を改善して育毛効果を得る』というものですが、実際は何の効果も得られないのが現実です。

仮にそんな育毛効果を得られたとして、発毛効果じゃない時点で我々薄毛には意味がないでしょ?我々の目的は『髪を増やす』ことなんですから。

つまり、これで『薄毛対策』とか言っちゃてる成分は、全てにおいて期待できないということです。

では、脱毛の抑制はどうか?

オウゴンエキスで唯一期待できそうなのが『脱毛抑制』です。

AGAの発症には、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが大きく関わっており、DHTは5αリダクターゼという還元酵素によって生み出されます。オウゴンエキスには、この5αリダクターゼを抑制する効果があると言われているのです。

これは、AGA治療に代表されるフィナステリドやデュタステリドと同じ効果ですから、本当にそんな効果があるのなら大したものです。まさに、黄金の名前にふさわしい育毛効果と言っていいでしょう。

しかし、そうはならないのがオウゴンエキスの残念なところ。

脱毛抑制は期待できないオウゴンエキス

では、期待できそうな脱毛抑制について話していきましょう。

育毛成分の中には、この『5αリダクターゼの抑制』を謳う成分が数多く存在しますが、人間の頭皮に塗布することで結果を出した成分は1つもないのが現実です。

唯一、まともに臨床試験を行っているのは『ノコギリヤシ』くらいですが、そのノコギリヤシですら微妙と言わざるを得ない成分なのです。実際、ノコギリヤシは、厚生労働省にも『科学的根拠は得られていない』とはっきり否定されています。

これを受けて、オウゴンエキスに何かしらの研究データがあるのかと思いきや、ネット中どこを探してもそんなものは一切存在しません。以前、BUBKAの公式ページでは『オウゴンエキスで脱毛の原因を77%ブロック』などと書かれていましたが、この数字はいったいどこから湧いて出たのでしょうか?

もはや『なぜ、脱毛抑制を謳っているのか?』というレベル。

付け加えるなら、5αリダクターゼの抑制に対して唯一科学的根拠が認められたフィナステリドやデュタステリドですら、その効果が発揮されるのは服用した場合のみです。万が一、オウゴンエキスが多少の可能性を秘めていたとしても、頭皮に塗るだけで脱毛抑制になるはずがありません。

これがオウゴンエキスの実態。名前に見合っていないとは、まさにこのことですね。

オウゴンエキスを配合する育毛剤

前述したように、大げさに謳う育毛効果に一切の根拠がないオウゴンエキスですが、多くの育毛サイトでは当たり前のように絶賛されています。なぜか?

『オウゴンエキスが入ってる育毛剤を売りたいから』

育毛剤に含まれるオウゴンエキスなんてごく少量です。それを絶賛して『配合育毛剤はこちら!』ってホントにバカじゃないの?

参考までに、オウゴンエキスを配合する育毛剤を紹介しておきます。

  • チャップアップ⇒7,400円
  • イクオス⇒8,980円
  • BUBKA⇒11,664円(定期購入)
  • 薬用プランテル⇒8,200円
  • 薬用ポリピュアEX⇒7,800円

※単品購入の場合

大半のサイトは『チャップアップ』を推してます。報酬単価が高いから。

無駄に成分量が多いチャップアップには、有名どころの育毛成分は大体入ってます。そのため、いずれかの成分の紹介記事を書いた場合に宣伝しやすいんでしょうね。

まぁオウゴンエキスとか関係なく、どの育毛剤使っても生えることはないですから、出来れば購入は控えて下さい。

オウゴンエキスには育毛効果すらない

今回は、育毛剤の定番成分『オウゴンエキス』を紹介しましたが、いかがでしたか?

  • せいぜい補助効果が限度
  • 脱毛抑制ははっきりいって嘘でしかない
  • 育毛分野では活躍できないよ君

定番成分という割には、何の期待もできないのがオウゴンエキスという存在です。

化粧品成分としてならまだしも、育毛成分としての利用価値はないと言い切れるでしょう。これはオウゴンエキスに限ったことではないですが、育毛成分なんて大体こんなもんですよ。これならノコギリヤシのがまだマシかな~。

ていうか、脱毛抑制なら普通にフィナステリド錠飲みましょう。という結論。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。