【クジン抽出液】植物エキスに育毛効果を期待するな

育毛剤には多くの育毛成分が含まれており、『クジンエキス』もその1つです。

ネットでコイツを検索すると、育毛効果を絶賛するサイトが沢山出てくるわけですが、これで髪が生えるのなら我々ハゲは苦労していません。

まぁ、わかりやすく言えば育毛効果なんて期待するなってことです。

今回は、クジンエキスに『育毛効果が期待できない』理由を、お話します。

クジン抽出液とは?

まずは、簡単に概要から説明していきます。

苦参(くじん)とは、草原や河川敷に自生するマメ科の多年草『クララの根』をそう呼んでいます。クララの由来は、根を噛むと目が眩むことから、クラクラする⇒クララと名付けられたそうです。

クララの主な産地は日本(長野、奈良)、中国(河北省、山西省、湖北省、湖南省)、韓国と幅広く、利尿や解熱作用がある漢方薬としても利用されている有名な植物です。

そんなクララの根『苦参』から抽出したものが、育毛剤に含まれるクジンエキス。

クジンの主成分はマトリン、オキシマトリンなど数種のアルカロイド成分、フラボノイドやサポニンといった複数の成分で構成されていることから、化粧品成分としても扱われています。

分かりやすく言うと『汎用性の高い万能成分』ってことです。

実際にどのような育毛効果が紹介されているのか、次の章で見ていきましょう。

クジン抽出液の育毛効果とは?

クジンエキスの育毛効果は実に様々です。

『ホントにそんな効果あるのかよ』とツッコミたくなる育毛効果を以下に記しておきます。

  • 抗菌作用
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 血行促進
  • 5αリダクターゼ抑制

いやいや万能すぎるだろう笑

仮にこのような育毛効果があるとして、実際に髪が生えることを期待出来そうなものは『血行促進』『5αリダクターゼ抑制』だけですが、頭皮に塗ったくらいで得られる効果はたかが知れています。

というより、ほぼないと思って下さい。

育毛効果が期待できない詳しい理由は後述するので、ここでは軽く否定する程度に留めておきますが、間違いなく育毛サイトで絶賛されるような効果は得られません。あまり期待を寄せないようにしておきましょう。

続いて副作用の有無について見ていきます。

クジン抽出液に副作用はあるか?

クジンエキスの副作用は全て服用した場合のものとなります。頭皮に塗った際の副作用は、あってもアレルギー症状くらいですから、特に気にするようなものはありません。

主な副作用は以下の通りです。

  • 腹痛、下痢
  • 味覚障害
  • 聴覚障害
  • 大脳麻痺

頭皮に塗るタイプの育毛剤には雀の涙程度しかクジンエキスは含まれませんから、アレルギー症状すらほとんど出ることはないでしょう。

クジン抽出液に育毛効果を期待するな

では、ここから本題に入ります。

そもそも育毛剤に含まれる成分に髪を生やす類のものが存在しないので、クジンエキスについても同様のことが言えるのです。育毛剤の過剰な広告表現には騙されないように注意して下さい。

その1.育毛効果を示すデータが1つもない

育毛剤に含まれる成分は何かしらの試験を行っている場合が多いですが、クジンエキスに関する育毛試験はおそらく行われていません。

植物由来の成分であればヒオウギエキスチョウジエキスがそこそこ有名どころとして挙げられますが、これらの成分には育毛効果を示す試験データが存在します。髪を生やす発毛効果ではないにしろ、それなりに説得力はあるでしょう。

それに比べて、クジンエキスにはそんなデータが見当たらないので、育毛効果があると言われてもイマイチ信憑性に欠けてしまうのです。

その2.育毛剤には少量しか含まれていない

上で少し触れたように、育毛剤にはごく少量しかクジンエキスは含まれていません。

クジンエキスに限らず、育毛剤に含まれる成分のほとんどは配合量が不明ですから、どのくらい含まれているのかは分かりません。しかし、どの成分にしても雀の涙程度だと思って差し支えないでしょう。

なぜなら、育毛剤は『ほとんど水』だから。

育毛剤の7~8割は育毛効果とは関係ないもので出来ており、残りの2割くらいに数十種類の育毛成分が含まれます。そのため、1つ1つの配合量は必然的に少量になってしまうというわけです。

ミノキシジルですら5%程度の濃度は必要ですから、それに遠く及ばない育毛成分では話にならないのは当たり前なのです。

その3.そもそも成分が浸透しない

これもクジンエキスに限ったことではないですが、育毛剤の成分が届くのはせいぜい角質層までです。

角質層までしか届かないというのが、どれほど意味がないかは下の画像をご覧下さい。

ご覧の通り、角質層というのは皮膚の表面上です。

本来、作用しなければならない毛乳頭細胞や毛母細胞は毛の根元に位置しているので、育毛剤の意味のなさは一目瞭然でしょう。

一部の商品では、低分子にすれば毛乳頭まで浸透するようなことが書かれていますが、低分子だから浸透するなんて根拠はどこにもありません。

はっきりいって嘘でしかないので、鵜呑みにしないように気をつけて下さい。

クジン抽出液を配合する育毛剤は買うな

クジンエキスに育毛効果が期待できない理由はご理解頂けたと思います。

参考までにクジンエキスを配合する育毛剤を紹介しておきますので、間違って購入することのないようにして下さい。

  • ナノアクションD:10,000円(税込)
  • ブブカ:12,960円(税込)

※単品購入

有名どころはこの辺りです。他にも韓国の怪しげな育毛剤などがありますが、さすがに手を出す人は少ないでしょう。

まぁクジンエキス以前に、育毛剤の購入自体おすすめしません。

クジン抽出液で髪は生えない

今回は育毛サイトで絶賛される『クジンエキス』を紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 育毛効果なんてほぼ期待できない
  • クジンエキスを配合する育毛剤は買うな
  • ていうか、育毛剤を買うな

クジンエキスをはじめとする植物エキスの売り文句は、決まって『副作用なく、育毛効果を得られる』というものです。

そんな都合よくハゲを治す方法は存在しないので、騙されないように注意しましょう。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。