【t-フラバノン】花王の独自成分で髪生える?育毛効果は?徹底分析してみた

大手化学メーカーである花王が独自開発した『t-フラバノン』。

花王株式会社は、洗剤・トイレタリー部門で国内1位に君臨する超有名企業ですから、そんな大企業が独自開発した有効成分となれば、さぞかし凄い育毛効果がありそうですよね。うん、確かにありそう。

しかし、そう簡単に改善させてくれないのがAGAの凄いところでもあるのです。はたして大企業が開発した独自成分は、いくらかハゲ治療に有用なのでしょうか。

今回は、花王の独自成分t-フラバノンで『髪が生えるのか』を、追究していきます。

t-フラバノンの育毛効果とは

まずは、t-フラバノンがもたらす作用について、簡単に説明しておきましょう。

t-フラバノンの主な目的は、AGA治療に代表されるフィナステリド同様、脱毛の抑制です。フィナステリドでいえば、5αリダクターゼという酵素の働きを抑えることでDHTの発生を防ぐわけですが、t-フラバノンの作用は少し異なります。

t-フラバノンの脱毛抑制は、『TGF-β』と呼ばれる脱毛因子の発生を防ぐことで実現するというものです。TGF-βはDHTが受容体と結合することによって生み出されるものですから、そのタイミングでt-フラバノンを機能させるという仕組みですね。

確かにこれが実現できるのなら、抜け毛を防止することにつながりそうです。なんなら、フィナステリドとの相乗効果も期待出来るんじゃないでしょうか。

ただ、冒頭で話したようにそう簡単にはいかないのがAGAという病気ですから、過信はできません。

t-フラバノンを用いた臨床試験を参考に検証

では、実際に髪を生やす力があるのか追求していきます。

まず、花王が自社で行った実験ですが、培養した細胞で行われたものですから大して参考になりません。大半のサイトは、『細胞が増殖した』とか『毛の成長促進が確認された』とか書いていますが、人間の頭皮でなければ何の意味もないですからね。

問題は、実際に行われた臨床試験でどうだったのか?という話です。

AGA診療ガイドラインに、いくつか臨床試験の内容が書かれているので、そちらを参考に見ていきたいと思います。

まず1つ目。

【試験内容】

  • 197名の男性被験者が対象
  • 観察期間30週間

【結果】

  • t-フラバノン配合育毛剤⇒53.1%が軽度改善以上
  • 市販育毛剤⇒34.8%が軽度改善以上
  • 毛髪径40㎛以上の硬毛数が増加

毛髪数は不明ですが、太い毛はそこそこ増えたって感じですね。髪は生えないけど、ある程度の育毛効果は期待できそうです。

続いて2つ目。

【試験内容】

  • 77名の男性被験者が対象
  • 観察期間30週間
  • 0.1%、0.3%のt-フラバノン配合育毛剤、プラセボ剤を使用

【結果】

  • 0.1%配合育毛剤⇒75%が軽度改善以上
  • 0.3%配合育毛剤⇒70%が軽度改善以上
  • プラセボ剤⇒40%が軽度改善以上

こちらはかなりの改善率ですが、毛髪数・毛径の詳細は不明です。あとプラセボ群で40%改善という、謎現象が起きています。プラシーボにも程があるだろう笑

これに対する皮膚科学会の評価は、『根拠は乏しいけど、まぁやってもいいんじゃない?』というものでした。植物由来の天然成分で、副作用がないことも考慮しているようです。

いずれの臨床試験もAGA被験者が対象でなかったり、毛髪数の増減が不明だったりするので、この改善率をそのまま鵜呑みにするのもどうかなと思ってしまいます。

とりあえず、ここから読み取れる情報は発毛効果ではなく、育毛効果って感じでしょうね。

t-フラバノン配合育毛剤

独自成分であるt-フラバノンを配合する育毛剤は、花王製品のみです。一応、参考までに紹介しておきます。

  • サクセス薬用育毛トニック
  • サクセスバイタルチャージ
  • セグレタ育毛ローション(女性用)
  • セグレタ育毛エッセンス(女性用)

これらは医薬部外品に該当する育毛剤ですが、ひょっとしたら花王製品だから購入したという人もいるかもしれませんね。発毛効果がないものはあまりお勧めしませんが、副作用がなく、それなりの育毛効果だけ欲しいという方は検討してもいいんじゃないでしょうか。

とりあえず、ネットでゴリ押しされる育毛剤よりはマシでしょう。

t-フラバノンは育毛に少し期待できる

今回は、花王の独自成分『t-フラバノン』を紹介しましたが、いかがでしたか?

  • その他の育毛成分よりは100倍マシ
  • チャップアップ使うならサクセスにしとけ
  • さすが、世界の花王(別に媚びてるわけではないです)

AGA診療ガイドラインに載るくらいですから、そこそこ期待はしていましたが、それでも発毛効果とはいかないものですね。いかにフィナステリドやミノキシジルが偉大かがよく分かりました。

一応、利用価値はあるので全否定はしませんが、本気で薄毛を克服したい方はやめといたほうがいいですよ。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。