【フィンジア】化粧品で髪が生えない理由を根拠を添えてご説明します。

ネットで話題のフィンジア(finjia)をご存じでしょうか?

『本来のあるべき姿を呼び覚ませ』とか言っちゃってる通販限定の育毛剤のことです。これはフィンジアの売り文句の1つですが、我々にとっての本来あるべき姿とは、髪がフサフサだったあの頃のことですよね?

フィンジアでフサフサだったあの頃には戻れませんので、騙されないように注意して下さい。

今回は、ネットで大人気のフィンジアで『髪が生えない』理由を、ご説明します。

フィンジア(finjia)はただの化粧品

まず、大前提の話をしておきます。

冒頭では、便宜上『育毛剤』と呼びましたが、厳密には化粧品に分類されています。

  • 医薬品:国内ではリアップのみ
  • 医薬部外品:チャップアップやイクオスなど(大半はここに分類されます)
  • 化粧品:フィンジア

※薬機法によって分類されています

ここで注意して頂きたいのは、『髪が生える』と宣言できるのは、医薬品である発毛剤だけになります。

医薬部外品や化粧品に分類される育毛剤は、『今ある髪を育てる』という性質のものですから、当然発毛効果はありません。販売ページには、誤解を招くような表現がなされていますが、誤解しないようにして下さい。

フィンジアの発毛理論

では、フィンジア(finjia)の育毛成分を見ていきましょう。

フィンジアが全面に押し出している3つの成分ですが、いかに発毛根拠がないか、順番に説明していきます。

主成分その1.ピディオキシジル

ミノキシジル誘導体であるピディオキシジルが、まず1つ目。

分子構造がミノキシジルとそっくりであることから、似たような効果をもたらすと謳っています。しかし、実際に発毛効果を示した研究データは1つも存在しないというのが現実です。『副作用もなく、髪が生える』と謳う、実に胡散臭い成分の典型と言えるでしょう。

別の記事でもう少し詳しく書いていますが、長くなるのでここでは割愛します。

主成分その2.キャピキシル

続いて、キャピキシル。

ミノキシジルの3倍を謳い、あたかもミノキシジル以上の発毛効果があるように見せかけています。ただし、ミノキシジルの3倍の効果を出したのは、あくまでも培養した細胞のお話。薄毛の原因が関与しない試験管上なら、ある意味効果が出るのは当たり前です。

もっと正確に言えば、ミノキシジルの3倍を謳っているのは『アセチルテトラペプチド-3』というキャピキシルの構成成分ですが、詳しく知りたい方は別の記事をご覧下さい。

余談ですが、キャピキシルを配合する育毛剤は他にもいくつかあります。例えば、Deeper3Dボストンスカルプエッセンスバイタルウェーブやザ・スカルプ5.0cといった具合に。

断言してもいいですが、人間の頭皮に用いて髪が生えるような成分ではないので、コイツを主成分に押し出す育毛剤(厳密には化粧品)にはあまり期待しないようにしましょう。

『比較、厳選しました!キャピキシル配合製品でオススメはコレ!!』みたいなことやってるアホなサイトは、鼻で笑ってあげるくらいが丁度いいのです。

独自のゲートアクセス理論

ゲートアクセスとはよく言ったものですが、知らない人からすれば何やら効果がありそうな印象を受けてしまいますよね?

どういう理論なのか、簡単に説明しますと・・・・・

  • 辛いものを食べると汗が出るよね~?
  • 汗が出るってことは、毛穴が開いてるんだよ~
  • 毛穴が開くのは、カプサイシンの効果なんだよ~
  • フィンジアにはカプサイシンが入っているから、毛穴が開いて成分が浸透するんだよ~

バカじゃないの?

頭皮にカプサイシンを塗ったら毛穴が開くなんて、あまりにも強引過ぎます。確かに辛い物を食べると汗は出ますが、それがなぜ頭皮に塗って毛穴が開くことにつながるのでしょうか。まったくもって意味不明。こじつけにも程があるでしょう。むしろ肌荒れとか起こしそうなくらいです。

カプサイシンで毛穴が開くこともなければ、育毛効果もないので安心して下さい。100歩譲ってカプサイシンに何らかの効果があったとしても、普通に辛いもの食べたほうがマシです。

以上、発毛根拠が何1つ存在しない

これほど評判になってるんですから、多少の育毛効果くらいはあるでしょう。それに微かな希望を抱いて使用するというのなら、私もわざわざ止めるようなことはしません。

ただし、『髪が生える』と思って使用しているのなら、是非とも中止することをオススメします。

髪が生えないということは、AGAに使用しても意味がないということですから、フィンジア(finjia)を使う理由を今一度、考え直してみて下さい。

薬機法ではセーフだが、悪意を感じる表現

続いて誤解を招く表現について、お話します。

フィンジアの販売ページには、『頭皮に塗ったら、髪が生える』と誤解されてもおかしくない表現が使われています。先ほど説明した通り、薬機法により「髪が生える」と紹介するのはNGですから、直接的な表現を使用することはできません。

これを踏まえた上で、フィンジアの売り文句をご覧下さい。

  • 「鏡の前で絶望する日々に終止符を打ちませんか?」
  • 「本来のあるべき姿を呼び覚ませ」

みなさんは、この文言をどう受け取りますか?

育毛剤の定義である、『今ある髪を育てる』と捉えますか?おそらく、髪が生えると誤解する方も多いのではないでしょうか。

このように、薬機法ではセーフといえど、消費者の誤解を招くような表現が使われているわけです。いかに法律を守ろうと、消費者を騙しかねない文言は倫理に反していると言えるのではないでしょうか。

育毛剤の売り文句を正直に書くならこうでしょう。

『髪は100%生えない。育毛効果が出ればラッキー。』

これです。

まぁ、こんなこと書いたら売れなくなりますから、書けないのは当たり前です。しかし、もうちょっと親切に書いたらどうよ、って思うのが正直なところ。

全額返金保証なんて、ないのと一緒

ここまで読んで頂いた方であれば、フィンジアを購入することもないと思いますが、一応説明しておきます。育毛剤の全額返金保証は、はっきりいって意味がないので、あてにしないで下さい。以下、全額返金保証を受けるためのルールです。

  • 商品を受け取ってから30日以内
  • 初回購入のみ
  • 事前に連絡する
  • 送料はこちら負担
  • 振込手数料もこちら負担
  • 定期コースは、最初の1本だけ対象

事前に電話する、自分で商品を梱包するなど、かなりめんどくさい手順を踏まなければならない上に、手数料は全てこちらが負担しなければなりません。さらに、返金対象は最初の1本だけ。全額返金保証などと大々的に宣言している割に、蓋を開けてみれば、これほど行き届いていないサービスもないでしょう。

ていうか、こんなめんどくさい手続き出来ますか?

フィンジアはムダに高価格

フィンジアは、定期便やまとめ買いすると安くなるという、ありきたりな手法で売られています。

  • 単品購入:12,800円(税込)
  • 定期便:9,980円(税込)※通常より2,820円OFF
  • 3本まとめ買い:34,800円(税込)※通常より3,600円OFF

クッソ高い。以上。

育毛剤ではなく化粧水と思った方がいい

今回は、ネットで評判のフィンジアについて紹介しましたが、いかがでしたか?

  • フィンジアは、ただの化粧品
  • 発毛はおろか、育毛すら怪しい
  • 控えめに言って、ぼったくり

薄毛克服を願うのであれば、ちゃんと発毛作用が認められたミノキシジル外用薬使ってください。市販のリアップでも、医療機関で処方されるものでも、フィンジアより安くて発毛効果もありますよ。

フィンジアに限らず、育毛剤におけるネット上の口コミや評判はあてになりませんから、安易に信用すると痛い目を見ることになります。つまり、薄毛を克服するためには、騙されないだけの知識は最低限必要だということです。

このサイトの内容すら信用できないという方は、不確定要素の少ないAmazonや2chの口コミを参考にして下さい。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。