5αリダクターゼを抑制して”抜け毛を減らす”方法【※薄毛の原因は遺伝】

薄毛で悩む男子
5αリダクターゼって何なの?薄毛と関係あるの?てか抜け毛止めたいんだけど・・・。

こんな疑問にお答えします。

結論から言うと、5αリダクターゼを抑制すれば、ほぼ確実に抜け毛は止まります。なので、この記事に辿り着いた時点で、あなたはもう薄毛克服の一歩手前です。

本記事の概要
  • 5αリダクターゼと薄毛の関わり
  • 5αリダクターゼを抑える方法
  • 5αリダクターゼを抑えた結果

薄毛を改善するための最重要項目なので、必要な情報はすべて網羅しました。

少し長いですが、最後まで読んで頂けると幸いです。

5αリダクターゼという”脱毛酵素”について

5αリダクターゼという"脱毛酵素"について

なんとなく想像はついてると思いますが、5αリダクターゼは薄毛と深く関わっています。

ただ、具体的には知らない人が大半だと思うので、まずは5αリダクターゼが”どのように薄毛と関わっているか”を簡単に説明しておきます。

5αリダクターゼは薄毛の原因を生み出す

5αリダクターゼと薄毛の関わりについて。

5αリダクターゼは、脱毛の原因を生み出すことに一役買っています。

ジヒドロテストステロン“はご存じでしょうか?

これは男性ホルモンの1つですが、直接薄毛の原因になることから”脱毛ホルモン”とか”悪性男性ホルモン”なんて呼ばれてます。

そして、このジヒドロテストステロンの誕生に関わっているのが、まさしく5αリダクターゼ

では、どのようにしてジヒドロテストステロンが生まれるのか。

ざっくりとこんな感じです。

  1. テストステロンに5αリダクターゼがアタック
  2. テストステロンがジヒドロテストステロンに変身

5αリダクターゼは還元酵素とも呼ばれており、テストステロン(これも男性ホルモン)に作用することで、ジヒドロテストステロンを生み出してしまうのです。

POINT
5αリダクターゼの力で、抜け毛の原因ジヒドロテストステロンが生み出される

5αリダクターゼ1型と2型の違い

薄毛との関りは分かって頂けましたか?

ここから、もう少し掘り下げていきます。

実は、5αリダクターゼには1型と2型の二種類がありまして、これが薄毛とも関係してくる話です。順番に見ていきましょう。

まずは、1型。

5αリダクターゼ1型は、側頭部や後頭部の皮脂腺に集中しています。油を分泌するところですから、『頭皮が油っぽいな~』と感じる人は5αリダクターゼ1型の分泌量が多い人です。

続いて、2型。

5αリダクターゼ2型は、前頭部や頭頂部の毛乳頭に集中しています。感の良い方はもうお気づきでしょうが、薄毛とより深く関わるのは圧倒的に2型です。

AGAの症状は、生え際や頭頂部、あるいはその両方から薄くなっていきます。

つまり、2型の分泌量が多い人は前頭部や頭頂部でジヒドロテストステロンが大量生産されてしまい、抜け毛が増えるという仕組みです。

POINT
薄毛と関わりが深いのは、圧倒的に5αリダクターゼ2型

5αリダクターゼの分泌量は遺伝で決まる

ここから、さらに5αリダクターゼを掘り下げます。

(※一旦、ショックを受ける覚悟をして下さい)

5αリダクターゼという脱毛酵素が、薄毛と深く関わるのは説明した通りです。では、肝心の分泌量はどう決まるのか?

いきなり答えを言いますが、遺伝です。

我々は、生まれた時点で父親と母親から遺伝子を受け継いでいます。その遺伝子構造は複雑すぎて私には理解不能ですが、薄毛遺伝子だけは勉強して理解しました。

ダンチ
これ以上ハゲないために。

5αリダクターゼ、通称”ハゲ確定遺伝子“は、父親と母親の両方から受け継ぎますが、より強力なほうが優先されてしまいます。

つまり、いずれかが強力なハゲ遺伝子を持っているだけで、我々がハゲる可能性も高まってしまうというわけです。

これを始めて知ったとき、私は絶望しました。

自分の不摂生でハゲるならまだしも、親から受け継いだ遺伝子で、すでにハゲる未来が確定してるんですよ?

本当かどうか色々調べましたが、医学的にも証明された事実みたいです。納得いかないですが、現実を受け入れるしかありません。

ほかのハゲならまだしも、AGAは99%遺伝だぜ。覚えときな。

ちなみに、こちらのサイトでAGA”男性型脱毛症”が遺伝することについて、詳しく書かれています。(※長いので、暇なときに見て下さい)

» PLOS | GENETICS

ここまでが、”脱毛酵素”5αリダクターゼと薄毛の関わりです。

薄毛が遺伝するという事実を伝えたので、ショックを与えたかもしれません。

ただ、今回のテーマは《5αリダクターゼを抑える》ことですから、それもきとんとお伝えします。

薄毛が遺伝することが解明されているように、対策方法も確立されてますのでご安心を。

POINT
ハゲの潜在能力(5αリダクターゼの分泌量)は遺伝する

5αリダクターゼを抑制する方法

5αリダクターゼを抑制する方法

それでは、本題に入りましょう。

たまに、5αリダクターゼを”減らす”と誤解する方がいますが、遺伝で決まる分泌量は変えることができません。

なので、5αリダクターゼは減らすのではなく”抑える“が正解です。

先に断っておきますが、本記事で紹介するのは育毛剤や育毛サプリのような紛い物ではありません。(※この件について、あとで少し触れます)

紹介するのは、科学的に5αリダクターゼを抑制する2つの方法です。

その1.フィナステリド

薄毛業界では超有名フィナステリド

“プロペシア”といえば、聞き覚えがあるかもしれません。プロペシアは、日本の皮膚科でも処方される一般的なAGA治療薬です。

補足

  • 商品名:プロペシア
  • 成分:フィナステリド

フィナステリドの効果は、言わずもがな“5αリダクターゼ2型の抑制”です。

成人男性の薄毛はほとんどがAGAなので、フィナステリドで5αリダクターゼを抑制すれば、“9割方改善する”と言っても過言ではないでしょう

つまり、生え際や頭頂部から薄くなっているのなら、フィナステリド飲むだけでほぼ確実に抜け毛は止まるということです。

補足

ちなみに、これは私の実体験だけではなく、臨床試験のデータも踏まえてお話しています。

参考元:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン

その2:デュタステリド

次に、デュタステリド

日本で認可されたのは2015年~で比較的新しいデュタステリドですが、有名どころは”ザガーロ”辺りです。(※ザガーロは商品名)

デュタステリドの効果もフィナステリド同様、5αリダクターゼの抑制なのですが、フィナステリドとは少しだけ違いがあるので話しておきます。

先ほど1型と2型の話をしましたが、デュタステリドは1型と2型の両方を抑制する効果があります。

若ハゲ男子
え?それは意味あるの?

と、疑問に思いますよね。

ついさっき話した内容からすると、2型さえ抑えておけば良さそうなものです。でも、実は1型を同時に抑制したらフィナステリド以上の効果を出したデータがあります。

それも先ほどのガイドラインに載っていますが、見る時間がない方のためにざっくり言っておくと、フィナステリドの約1.2倍くらいです。

そこまで大きな差はないですが、1型を同時に抑制することで間違いなく意味はあります。

フィナステリドとデュタステリド。どちらを使用しても構わないですが、こんな人にはデュタステリドのほうが良いかもしれません。

  • フィナステリドで効果が出なかった人
  • より高い脱毛抑制効果を求める人

ちなみに、AGA歴10年の私はフィナステリドからデュタステリドに乗り換えた口です。

乗り換えてから1年くらい経ちますが、デュタステリドのほうが若干いいような気がします。

ぶっちゃけ、どっちでも”抜け毛は止まる”という結論ですね。

注意点|副作用と禁止事項について

フィナステリドとデュタステリドの使用には、いくつか注意点もあるので補足しておきます。

まず、副作用について。

これらは医薬品成分ですから、当然、副作用の可能性はあります。その辺りも先ほど紹介したガイドラインで一度確認しておいて下さい。

ただ、副作用が出る可能性は割と低いです。ざっくり言うと・・・

  • フィナステリド:4%くらい
  • デュタステリド:17%くらい

同じAGA治療薬であるミノキシジルと比べると、重篤な副作用も少ないので割と安全に使えると思います。

次に、女性や未成年の使用について。

妊婦(又は、妊娠している可能性がある場合)や未成年者の使用には、安全性が認められていません。

フィナステリドやデュタステリドを使用したい女性の方や、10代でAGAを発症するというのは珍しいですが、注意喚起として記しておきます。

どうしても使いたい場合は、お近くの皮膚科とかでいいので必ずお医者さんに相談しましょう。

POINT
  • フィナステリドかデュタステリドで、5αリダクターゼの働きを抑える
  • デュタステリドのほうが、少しだけ効果が高い
  • 副作用の可能性はかなり低いけど注意、女性と未成年はもっと注意

5αリダクターゼ抑制剤を入手する

以上の点を踏まえて、対策していきましょう。

フィナステリドやデュタステリドを含む抑制剤は医薬品なので、基本的には医者から処方してもらいます。

一番いいのは、お近くの皮膚科です。

AGAクリニックでもいいのですが、こちらは怪しいところも多いので私はあまりお勧めしません。(※全てではないですが)

なので、可能であれば無駄な治療を勧められない皮膚科へ行きましょう。

病院がイヤな人

病院だと時間も縛られるし、お金も掛かるしで、人によってはハードルが高いこともあると思います。(薄毛で行くのって結構恥ずかしいし・・・)

そんなあなたは、もはや個人輸入するしか道はないので、そうして下さい。

個人輸入に不安を抱える人は多いですが、実際オオサカ堂のサイトを見てみると、薄毛で悩む多くの人のよりどころになっています。

こちらの記事でオオサカ堂のことを書いていますが、長年利用してる私からすると普通に信頼出来るサイトですよ。

オオサカ堂の商品って評判良いの?【個人輸入歴7年が詳しく解説】

5αリダクターゼを抑制した結果

5αリダクターゼを抑制した結果

次に、5αリダクターゼを抑えた後の話です。

もちろん”抜け毛が止まる“のですが、飲んだ次の日からピタッと止まるわけではないので、その辺りを具体的に説明しておきます。

ヘアサイクルが正常に戻る

ヘアサイクルは、ざっくりとこんな感じです。

  • 休止期:髪が抜ける
  • 成長期:髪が伸びる(※ここでジヒドロテストステロンがアタック
  • 退行期:成長が止まる

休止期 → 成長期 → 退行期→・・・この繰り返し

AGAの場合、ジヒドロテストステロンが邪魔をして成長期が極端に短くなります。どのくらい短くなるかというと・・・

  • 普通の人:およそ2~6年
  • AGAの人:およそ数ヶ月~1年

成長期が短いと髪の毛は十分育つことなく、短い期間で抜けてしまいます。

休止期を終えて新たに生えてくる髪すらも、またジヒドロテストステロンに邪魔をされて十分育ちません。

このように、”ヘアサイクルの乱れ”を起こした髪が増えていき、全体的に薄い頭髪になってしまうのが、ハゲる原理です。

ハゲうさ
さぁ、フィナステリドの出番

ここで、少しおさらいです。

5αリダクターゼ阻害薬であるこいつらを使うと、こんな具合になります。

  1. 薄毛の原因が頭皮から消え失せる(※つまり、ハゲる環境ではなくなる)
  2. 薄毛の原因”ジヒドロテストステロン”がいなくなると、ヘアサイクルが元に戻る
  3. 通常通り、髪の毛が生える
 

このように、5αリダクターゼ阻害薬であるフィナステリドやデュタステリドを使うことでヘアサイクルが正常に戻り、再び髪の毛が生えてくるということです。

初期脱毛が始まる

※ここで、大事なお話です。

ヘアサイクルが正常に戻れば抜け毛は止まるのですが、そこに至るまでに大変な事態が起こります。

それが、初期脱毛

初期脱毛の名の通り、髪が抜けます。

『抜け毛が止まるはずなのに、なんで?』と思うのも無理はありません。でも、髪が抜けます。

先ほどヘアサイクルの説明をした通り、髪の毛は”生えては抜けて”の繰り返しです。なので、ヘアサイクルが正常に戻ると・・・

  • 休止期の髪は成長期へ
  • 成長期の髪は退行期へ
  • 退行期の髪は休止期へ(※ここが、初期脱毛ポイント)
 

休止期に入っている髪が成長期へ入るとともに、退行期にいる髪も休止期に入ります。ここで一時的に休止期の髪が増えるので、抜け毛も一気に増えてしまうということです。

これが、いわゆる初期脱毛。

つまり、ヘアサイクルが正常に戻る過程で避けては通れない壁なのです。

薬を飲む以前より一時的に薄くなってしまいますが、ショックを受けて中止しないで下さいね。初期脱毛はヘアサイクルが正常に戻っている証拠でもあるのです。

ちなみに、休止期から成長期に入った髪はジヒドロテストステロンの影響を受けません。順調に伸びてくれますので、ご安心を。

AGA治療開始直後の体験談

私は多い時で”1日400本”くらい抜けました。当時はマジで泣きそうになりましたが、今となってはいい思い出です。

AGA治療をやめなくて本当に良かった。あの絶望は二度と味わいたくないけどねw

初期脱毛終了→抜け毛止まる→髪生える

初期脱毛さえ抜ければ、もう勝ち確です。

ジヒドロテストステロンが消え失せた頭皮からは、健康な髪がぞくぞくと生えてきます。

なので、復活したときのヘアスタイルでも考えといて下さい。

“脱毛抑制”を謳う育毛成分に気をつけろ

"脱毛抑制"を謳う育毛成分に気をつけろ

※ここからは余談です。

ネット上には、嘘の育毛情報がたくさん出回っています。それは”脱毛抑制”に関してもまた然り。

これは注意喚起としてお伝えしますが、以下の成分で抜け毛は止まらないので、くれぐれもご注意ください。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、脱毛抑制に効果ありと言われています。

数多くの育毛サイトで紹介されているので、ご存じの方も多いかもしれません。中には、『フィナステリドと同等の効果!』なんて言い出すサイトもある始末。

薄毛の専門医
そんな効果はありませんよ

『ノコギリヤシ 効果』みたいな感じで検索すると、決まって絶賛するサイトばかりが上位に上がってきます。

でも、少し調べたくらいでは真実に辿りつけないのがネットの育毛情報です。上位の情報は全て疑ってかからなければ、育毛の嘘に騙されることになるので注意して下さいね。

ちなみに、ウィキペディアに脱毛治療のことが詳しく書かれています。

ここにノコギリヤシも載っていますが、フィナステリドと同等かどうか、ご自身の目で確かめてみて下さい。

亜鉛

亜鉛も脱毛抑制に効くとかなんとか。

以下同文。

亜鉛の有効性もこちらのサイトではっきり否定されてます。もし暇だったら見て下さい。

» 健康食品の安全性・有効性情報

検索窓に『亜鉛』と入力すれば、情報が出てきます

脱毛抑制成分は腐るほどある

今回は、特に名前が挙がる2つを紹介しました。

しかし、脱毛抑制を謳う育毛成分は他にも腐るほど存在します。1つ1つ紹介していくとキリがないので、共通点だけ伝えますね。

脱毛抑制なんてムリ。

“脱毛抑制”と謳っているにも関わらず、育毛成分には抜け毛を止められるものは1つもありません。残念ながら。

抜け毛を止めるには、5αリダクターゼという遺伝的要因にアプローチ出来るものだけです。それが、先ほど話したフィナステリドとデュタステリド。

医学的に効果が証明されているのは、唯一これだけです。

・・・とかなんとか言いながら、20代前半の頃に亜鉛サプリとノコギリヤシサプリを毎日がぶ飲みしてました。完全にアホですね。

※もちろん、順調に薄毛が進行しました。

まとめ:5αリダクターゼを抑制して抜け毛を止めよう

以上が、”5αリダクターゼと薄毛の関わり”の全てです。

最後に、要点をまとめておきます。

本記事の要点
  • 5αリダクターゼは、薄毛の原因“ジヒドロテストステロン”を生み出す
  • 5αリダクターゼを抑制できるのは、“フィナステリド”と”デュタステリド”のみ
  • 5αリダクターゼを抑制すると、ヘアサイクルが正常に戻り、抜け毛が止まる

正しい薄毛対策を行い、改善に努めましょう。

あと、おさらいですが初期脱毛が高確率で起こるので、その点は覚えておいて下さい。(※びっくりして止めないようにね)

それでは、今回はこの辺で。

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。