髪に必要なアミノ酸を食事で摂取する方法

健康な髪を作るために、バランスの取れた食生活は大切な要素です。

特にアミノ酸は髪の主成分のもととなる栄養素ですから、効率よく食事で摂取するに越したことはないのです。

今回は、髪に必要なアミノ酸を『食事で摂取する方法』についてお話します。

アミノ酸の重要性

まず、アミノ酸の重要性を簡単に説明しておきます。

髪の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成され、そのケラチンは18種類のアミノ酸によって生成されています。丈夫で健康な髪を育てるためには、これらのアミノ酸をバランスよく摂取しなければなりません。

念のため誤解のないように言っておきますが、この記事で紹介するのはあくまでも食事で摂取する方法です。育毛剤や育毛シャンプーでアミノ酸を補給するよう促して、商品を売りつけるようなことはしませんのでご安心下さい。

前半部分では、そのような胡散臭い育毛商品を否定していきます。興味がなければ本題部分まで読み飛ばして下さい。

アミノ酸を配合する育毛剤

アミノ酸配合を1つの売り文句にしている育毛剤をいくつかご紹介します。どれだけアミノ酸を含んでいようが、頭皮に塗るだけで十分な栄養補給なんて出来るわけがないので、間違っても購入しないで下さい。

  • アミノ酸15種 チャップアップ(7,400円)
  • アミノ酸16種 イクオス(9,350円)
  • アミノ酸12種 ブブカ(16,200円)

※(税込価格)

まず1つ言えること。『クソ高い』

こんだけ金出せるのなら、美味い飯でも食いに行った方がよっぽどマシですし、ついでに必要な栄養も補給できます。

中途半端に知識を持ってしまうと、この辺りのアミノ酸配合という売り文句に騙されてしまいがちです。そもそも、育毛剤で髪が生えないのは当たり前ですが、育毛効果ですら怪しいという認識も持っておきましょう。

アミノ酸を配合する育毛シャンプー

とりあえず、確実に言えることは・・・

シャンプーなんて何使っても一緒

シャンプーするときに泡を洗い流さない人なんて、まずいませんよね?結局、最後に全部洗い流すんですから、アミノ酸が入っていようが、育毛成分が入っていようが、ほとんど関係ないってことです。

気に入って使っているシャンプーがあるのなら、わざわざ変える必要はないですが、育毛効果なんて期待してはいけませんよ、とだけ言っておきます。

以下、特に値段が高いアミノ酸系シャンプーです。

  • スカルプDディグニティプレミアムシャンプー(10,580円)
  • ブラックプレミアムシャンプー(5,184円)
  • モンゴ流シャンプーEX(4,980円)
  • MONOVOヘアトニックブラックシャンプー(4,500円)
  • S-1無添加シャンプー(3,800円)

※(税込価格)

他にも沢山ありますが、有名どころだけ挙げてみました。この辺りのシャンプーは育毛効果を謳っていますが、あくまでも気休め程度の認識で使うようにして下さい。特にこだわりがないのであれば、市販の安いシャンプーで十分です。

ちなみに、S-1無添加シャンプーは当時私が使っていたシャンプーです。

『M-1育毛ミストとセットでお得』

とか思っていた自分をぶん殴ってやりたい。

サプリメントは、ときに必要なもの

体内に直接取り入れるサプリメントは育毛剤やシャンプーとは違い、必要性はあります。なぜなら、体内に取り入れる分、栄養が行き渡りやすいということと、不足しがちな栄養素を補給するというのは時に必要だからです。

だからといって、クソ高い育毛サプリメントに手を出す必要はありません。不足分だけ補うのがサプリメント本来の在り方ですので、普段の食事で足りないと思ったら薬局等で購入して下さい。

以下、アミノ酸を配合する育毛サプリメントをいくつか挙げておきます。

  • フェルサ(6,696円)
  • GUNGUN(5,980円)
  • BOSTON(6,980円)
  • イクオスサプリ(6,980円)
  • チャップアップサプリ(5,960円)

※(税込価格)

たかだかサプリメントでこの値段。こんなもん飲むくらいなら、松屋で牛めしと豚汁食ってたほうがマシでしょう。

ここに挙げたサプリメントは、ネット上でもホントに良く見るものばかりです。育毛剤とのセットでお得感を演出しているものもありますが、得するどころか金の無駄になりますので、くれぐれも手を出さないようにして下さい。

髪の知識を学ぶなら医療関係のサイト

前述した育毛剤や育毛シャンプーは、ほとんどが育毛関連サイトで紹介されているものです。

育毛サイトは必要性をアピールしますが、あくまでも報酬目当ての売り文句に過ぎないので鵜呑みにしないように。

正しい情報を求めるなら、医療関係のサイトをお勧めします。育毛サイトの素人どもとは違い、こちらはプロです。日常でのヘアケア、発毛に関する正しい知識が書かれているので参考になることも多いです。

皮膚科の院長さんがやってらっしゃるブログですが、正しい薄毛対策や育毛業界の裏側なんかも書かれています。ぜひ参考にして下さい。

ケラチンに必要なアミノ酸を食事で摂取する

さて、ここからが本題。髪に必要なアミノ酸を『食事で摂取する』方法です。

ケラチンは18種類のアミノ酸で生成されますが、この内9種類は必須アミノ酸と呼ばれ、体内で生成できないものになっています。つまり、必須アミノ酸が豊富に含まれる食材を、バランスよく食事に取り入れれば、必然的に健康な髪が育つというわけです。

以下、ケラチンが生成されるまでの流れです。

  1. 必須アミノ酸が含まれる食材(タンパク質)を食べる
  2. タンパク質がアミノ酸に分解される
  3. 分解されたアミノ酸からケラチンが生成される

必須アミノ酸が多く含まれる食材

以下、必須アミノ酸が多く含まれる食材の一覧です。

  • 【豆】:枝豆、おから、豆乳、油揚げ、大豆など
  • 【魚】:あじ、いわし、かつお、さけ、ぶりなど
  • 【肉】:鶏肉、鶏レバー、豚肉、ロースハム、ベーコンなど
  • 【野菜】:ブロッコリー、にら、とうもろこし、かぼちゃ、アスパラガスなど
  • 【米、穀物】:白米、玄米、食パン、小麦粉、うどんなど
  • 【卵、乳製品】:卵、牛乳、チーズ、ヨーグルト、生クリームなど

これが全てではないですが、必須アミノ酸が多く含まれ、なおかつ食生活にも取り入れやすいものを厳選しました。

この辺の食材を普段の食事に取り入れていくわけですが、必須アミノ酸が含まれているとはいえ、どれか1種類だけ食べればいいというわけではありません。

当たり前ですが、1種類の食材に9種類の必須アミノ酸が全て含まれるわけではないので、バランスよく食材を組み合わせることが大事になってきます。

タンパク質をアミノ酸に分解するビタミンB6

さらに、体内に取り入れたタンパク質を分解するために必要なのがビタミンB6。ビタミンB6を豊富に含む食材はこちらです。

かつお、まぐろ、さんま、牛レバー、バナナなど

アミノ酸からケラチンを作る亜鉛

最後に、ケラチンを生成するために必要な亜鉛。亜鉛が入ったサプリメントが、ネット上でゴリ押しされるのはこのためです。食事で十分摂取できるので、なるべくサプリメントには頼らないようにしましょう。

亜鉛を豊富に含む食材はこちらです。

さば、いわし、抹茶、するめ、ビーフジャーキーなど

バランスの良い食生活をしましょう

ここまでに紹介したのが、髪に必要な栄養を含む食材です。出来る限り入手しやすいもの、食生活に取り入れやすいものを厳選したつもりですが、いかがでしたか?

かなり多くの食材を挙げたので、なにを選べばいいか迷うかもしれません。ですが、バランスの良い食事をすることを常日頃から意識していると、自然と必要な栄養は摂れていたりします。つまり、日頃からバランスの良い食生活を意識することが一番大切だということです。

とはいえ迷う方もいると思うので、参考までに私が理想とする食生活を紹介させていただきます。

【朝食】

  • トースト
  • ベーコン&エッグ
  • ヨーグルト(バナナ入り)

【昼食】

  • おにぎり or サンドイッチ
  • ツナサラダ
  • かぼちゃスープ

【夕食】

  • ごはん
  • 味噌汁
  • 焼き魚
  • チキンサラダ
  • 納豆&キムチ

基本、夜はがっつり食べるようにしています。あとは、するめとかバナナを間食する程度ですね。当然、毎日これを繰り返すのは不可能ですし飽きるので、ところどころ微妙に変えたりはします。これは、あくまでも私の場合ですので参考程度にして下さいね。

薄毛の人は、まずAGAを止めるのが先

念のため、補足します。

髪を育てるのに栄養は必要ですが、それは『育てる髪があってこそ』ということを忘れないで下さい。薄毛の方は、まず髪を生やすところからスタートしなければなりません。

つまり、AGAを止めて髪が生えてから、ようやく摂取した栄養素が活躍するという順序になるわけです。繰り返しますが、アミノ酸系のシャンプーや育毛剤だけ使っても何の意味もないということは理解しておいて下さい。

 

未来の若ハゲを助けてあげたいので、情報共有頼んます。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    AGA歴11年、32歳のオッサンです。 【21歳でAGA発症→絶望→育毛商品に100万円以上散財→AGA進行→再び絶望→AGA治療スタート→徐々に頭髪回復→現在に至る】 自らの経験をもとに、AGA対策の本質と育毛の嘘を発信してます。twitterではハゲ仲間募集中。同じ痛みを分かち合おうじゃないか。