【※M字男子集まれ】現実的に生え際を復活させる3つの方法

若ハゲ男子
生え際がいよいよヤバい・・・。このM字どうにか復活できないものか?

こんな生え際の悩みに、答えます。

本記事の概要
  • 現実的に生え際を復活させる3つの方法
  • 生え際が薄くなる理由
  • 生え際は頭頂部より改善しづらい

成人男性の約3割が薄毛の悩みを持つといわれる現代ですが、特に多いのが今回のテーマでもある生え際に関するお悩みです。

結論から言うと、生え際を復活させる方法はあります。

それも、よくわからん育毛剤とかじゃなく、割と現実的に効果を得られる方法です。

現実的に生え際を復活させる3つの方法

現実的に生え際を復活させる3つの方法

では、さっそく本題です。

現実的に生え際を復活させる方法は、大きく分けて3つあるので順番に紹介していきます。

なお、薄毛対策において、非科学的な方法は一切通用しません。

なので、これから紹介するものは育毛剤や頭皮マッサージのような、あやふやな方法ではないことを、はじめにお約束します。

その1:生え際の後退を止める

これが基本で一番大事。必須項目です。

また後で詳しく話しますが、生え際が後退している人はほぼ間違いなくAGAと呼ばれる”男性型脱毛症”です。

なので、まずはAGAの原因に正しくアプローチして、症状の進行を止める必要があります。症状の進行を止めること、すなわち”生え際の後退を止める”ということですね。

AGAの原因に正しくアプローチする方法は2つに限定されるので、このいずれかで対策して下さい。

生え際の後退を止める方法

  • フィナステリド錠を飲む
  • デュタステリド錠を飲む

薬を飲むのはイヤですよね。

『もっと他に方法あるだろ』とか『育毛剤とかサプリメントでも、なんとかなるんじゃないの?』とか思う人もいると思います。

私も昔、そう思ってましたし、実際に育毛剤使ってサプリメントも飲んでました。でも、いろんな育毛方法を試してようやく気付いたことがあります。

『お金と時間の無駄』

育毛方法は山ほどあるけど、根本的な対策は唯一これだけです。なので、生え際を復活させるためだと思って諦めて下さい。

・・・と、断言するだけではちょっと無責任なので、これで生え際が復活するメカニズムを、こう言い切る根拠として説明しておきます。

生え際が復活する仕組み

START:フィナステリド錠(またはデュタステリド)を飲む

  1. ジヒドロテストステロン(抜け毛の原因)減少
  2. ヘアサイクルが正常に戻る
  3. 再び髪が生え始める
  4. 生えた髪も抜け毛の原因を抑えているので、普通に育つ
  5. 徐々に頭髪が回復

GOAL:生え際復活

ざっくりですが、こんな具合に生え際が復活します。

繰り返しますが、これが基本で必須項目です。この対策なくして生え際の復活はありえないので、必ず覚えておきましょう。

フィナステリド錠とデュタステリド錠は、病院でもらうか、輸入代行サイトで購入して下さい。

その2:生え際へ重点的にアプローチする

上記の対策を行いつつ、さらに生え際へ重点的に仕掛けていきます。

ご存じの方も多いと思いますが、唯一発毛促進効果を証明しているミノキシジル外用薬を使って、徹底的に生え際を追い込みます。

もちろんミノキシジル内服薬のほうが効果は高いですが、全体的に効果を与えてしまう内服薬だと、生え際だけ復活させたい人には合いません。

(※ホントは併用した方がいいけどね)

なので、生え際だけ復活させたい人は、ミノキシジル外用薬で外部から重点的に仕掛けてみて下さい。

こちらも参考までにいくつか紹介しますが、個人的には海外製品を推奨します。理由はシンプルに『濃度が高いと効果も高い』からです。

商品名と一緒に書かれた数字が、ミノキシジルの濃度です。

海外製品だと、15%や16%といった商品も揃っているので、徹底的に攻めるなら高濃度もありですよ。

ちなみに、ここに紹介したのはごく一部で、他にもミノキシジル外用薬は沢山あります。基本的にミノキシジルさえ入っていれば、効果は似たり寄ったりです。

差が出るのは濃度の違いなので、自分に合った商品を探してみて下さい。

高濃度のミノキシジル外用薬をお求めの方は、オオサカ堂でどうぞ。

※薬機法との兼ね合いで商品名は伏せています。すみません。

その3:金に物を言わせる

※3つ目は、お金持ちの人限定です。

1つ目と2つ目は、掛かる費用も現実的なので、誰でも手軽にできる方法だと思います。でも、3つ目の方法だけは誰でも手軽にというわけにはいきません。

でも、ほぼ確実に生え際を復活させることが出来て、一番手っ取り早い方法は3つ目だと言っても過言ではありません。

その方法というのが、自毛植毛です。

『植毛はないわ』って思いますよね。私も、概ね同意です。自毛植毛の問題点は大きく2点あって、これが選択肢にすら入れない理由だと思います。

自毛植毛の問題点

  • 高額な費用
  • 失敗の恐怖

大半の人は、この2つのハードルを越えることができません。

まず、自毛植毛にかかる費用ですが、どんなに症状が軽い人でも100万円弱はくだらないので、やはり一般人にはとてもじゃないけどムリです。

さらに、症状がひどい人ほど、その分移植する量も増やすことになるので、同時に費用も跳ね上がっていきます。ハゲに見えないレベルまで持っていくとなると、300万とか500万は普通に掛かってくるでしょう。

結局、現実的じゃないと言わざるを得ません。

次に、失敗に対する恐怖。

いくらお金があったとしても、『失敗するのが怖い』という気持ちはそう簡単に拭えるものではありません。実際、失敗している例もありますし、万が一失敗した暁には、頭に傷だけが残って終わりですからね。

控えめに言って、最悪です。

ただ、現在の植毛技術は進歩しています。擁護するつもりはないですが、具体的な成功率は8割強というくらいなので、実際は我々素人が不安に感じるほどではないのかもしれません。

もちろん、”失敗すれば”という話なので、成功すればリターンはデカいです。

ここまで自毛植毛の悪いところばかり紹介してしまったので、最後にメリットもお伝えしなければフェアじゃありません。

ということで、自毛植毛のメリットがこちら。

自毛植毛に成功したときのメリット

  • 一般的なAGA治療とは違い、継続しなくていい
  • ランニングコストが掛からない

この2点に尽きると思います。

まず、一般的なAGA治療とは先ほども紹介したフィナステリドやミノキシジルのことですが、あれは対症療法に過ぎないので、治療を止めれば元に戻ってしまいます。

言い方を変えると、『もうハゲでもいいや』と思う年齢まで薬を飲み続けるということ。

一方で、自毛植毛は1日数時間の施術をすれば、それでOKという感じです。何回かはアフターケアを受けると思いますが、それ以上面倒なことは何もしなくていいのです。楽でいいですよね。

もう1つのメリットが、”ランニングコストが掛からない”ということ。

先ほど『費用が高くてムリ』みたいなことを言いましたが、費用が高いのも単発で終わりなので、一般的なAGA治療みたいに月々数千円というコストは一切掛かりません。

例えば、植毛に掛かる費用が数十万円で済む人なら、むしろこっちのほうが安上がりになるケースも十分考えられます。

なので、『施術に100万?たけーよ』って人でも、長期的にAGA治療を行う費用と、1回自毛植毛する費用を計算してみるといいかもしれません。

自毛植毛に掛かる費用が気になる方は、一度無料カウンセリングを受けてみて、どのくらいの費用が必要なのか聞いてみるといいでしょう。

こちらで、自毛植毛の無料カウンセリングを行っているみたいなので、参考までにどうぞ。あまりにもふっかけてくるようなら、普通に治療したほうが良いと思います。

補足

一般的なAGA治療で効果が出ない人にとって、自毛植毛は最後の砦です。

なぜなら、生え際を復活させる方法が現状これしかないからです。

メリットとデメリットはお伝えした通りなので、本気でやるという方は頑張ってお金を貯めましょう。陰ながら応援してます。

生え際が薄くなる理由

生え際が薄くなる理由

ここまでの内容で、生え際を復活させることが現実的に可能だと伝わっていれば幸いです。

ここからは、なぜ生え際が薄くなるのかについて解説していきます。

AGA”男性型脱毛症”の特徴

最初に少し触れましたが、生え際が薄くなる症状は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の典型です。

AGAの主な特徴を簡単にまとめておきます。

AGAの主な原因

  • 生え際から薄くなる
  • 頭頂部から薄くなる
  • 生え際と頭頂部のダブルパンチで薄くなる←これが一番キツい

AGAの人は、この3つのいずれかに必ず該当しています。

AGAになりやすい人は先天的に決まっているのですが、どこから薄くなるのかは、症状が出るまで分かりません。ひとことで言うなら、運。

ちなみに、AGAが遺伝することについては、この辺の記事で詳しく話してるので良かったらどうぞ。

5αリダクターゼを抑制して”抜け毛を減らす”方法【※薄毛の原因は遺伝】

私は運が悪く、ダブルパンチの遺伝子を受け継いでいましたが、それでも上記の方法で生え際を改善することができました。

なので、私と同じ運命の人も諦めないで下さいね。

生え際のほうがハゲの割合が多い件

別に統計を取ったわけではないですが、ハゲの割合って生え際のほうが多い気がします。

街中のハゲ仲間を見ていると、どうも生え際タイプが目立つような気がするんですが、あなたの周りはどうですか?私の住んでる地域だけですかね?

もしよかったら、コメントで教えて下さい。

少し話が逸れてしまいましたが、たまには、こんなくだらない余談もいいかな~と思って挟んでみました。すみません。

生え際は頭頂部より改善しづらい

生え際は頭頂部より改善しづらい

これから生え際対策を始める人へ、いくつか参考になる話をしておきます。

AGA治療は頭頂部から先に回復する

一般的なAGA治療をする人へ。

経験がある人は共感できると思いますが、薬を飲み始めて先に回復するのは、ほぼ間違いなく頭頂部からです。

これに関しては『なんで?』と聞かれても、『そういうものです』としか答えられないので申し訳ないのですが、AGAはこういう順番で回復していく傾向にあります。

おそらくですが、生え際のほうにAGAの遺伝的要素が強く反映されてしまうからではないか、と私は思っています。(酵素の分泌量とか、ホルモン受容体の感度とか)

なので、これからAGA治療を始める人は、『なかなか生え際が戻らないな~』と感じるかもしれませんが、先に頭頂部から回復しているんだと思って、気長に待ちましょう。

AGA治療は継続命ですから。

M字の隠し方

これは、M字の先輩としての助言です。

生え際が薄くなってくると、見た目が気になっていろんなシーンで落ち着かなくなります。仕事中もコンパ中もデート中もね。

まだ髪の量がある段階であればヘアスタイルでどうにかなりますが、髪の量が減ってきて、それも出来なくなってしまった場合にどうすればいいか。

いっそ、隠せばいいのです。カツラでね。

『いや、それは・・・』と思うかもしれませんが、何もずっと付けろというわけではありません。期間は、生え際が復活するまでの間だけです。

今はとても便利な世の中になっていて、ウィッグの種類も豊富です。中には、てっぺんを隠すための頭頂部ウィッグ、生え際を隠すための前髪ウィッグなんてものが売っています。

そう。前髪ウィッグで生え際を隠しましょう。

若ハゲ男子
そんな急に付けたらバレるやんけ

まったくもってその通りなので、付けるタイミングが重要です。じゃいつ前髪ウィッグを装着すればいいのか?

私の場合ですが、正月の長期休みに入ったときに前髪ウィッグを装着しました。ここでポイントになるのが、自分の髪の長さと、ウィッグの長さを調節して自然に見せるようにすることです。

これで、休み明けはしれっと出勤して仕事再開です。

で、ウィッグを外したタイミングですが、私は半年くらいして生え際が回復したころに、髪を短めに切ると同時に前髪ウィッグも外しました。周りからの反応は『さっぱりしたね~』くらいでしたよ。

こんな感じでやると前髪ウィッグを有効活用できます。

生え際が復活するまでの間、どうしても気になる人は参考にしてみて下さい。(※前髪ウィッグは自分の髪の毛に挟むタイプなので、さすがにつるっぱげの人はこの方法できません。)

M字はO字よりつらい・・・

実際、M字は結構つらいです。

そもそもハゲること自体が悪なので、どんなハゲ方でもイヤなことに変わりはないですが、個人的には生え際のほうがキツいと思います。

やっぱり面と向かってハゲが分かると印象変わりますからね。

これが頭頂部の薄毛だと、ぱっと見ではちょっと分かりづらいです。基本的に女性よりも男性の方が身長は高いので、しゃがんだりとか、背後に回り込まれない限り、意識してればハゲを隠し通すことも可能でしょう。

一方、M字はどうあがいてもバレます。

あと、先ほども話したようにAGA治療は頭頂部のほうが先に回復します。復活にそれほど時間が掛からないという点も、O字はまだマシなのです。

以上、『どう考えてもM字はO字よりつらいでしょ』ていう私の勝手な主張でした。

まとめ:M字男子よ、今こそ立ち上がれ

M字男子世、今こそ立ち上がれ

今回は、”現実的に生え際を復活させる方法”というテーマでお話しました。

最後に、要点をまとめておきます。

本記事の要点
  • 現実的な対策はAGA治療だが、お金持ちなら自毛植毛もあり
  • 生え際が薄くなるのは、AGAの典型的な特徴
  • 生え際は頭頂部より改善が遅いから、気長に改善するのを待つ

繰り返しになりますが、現実的に生え際を復活させる方法は、ここで紹介したもの以外にはありません。

なので、本気で生え際を復活させたいと思うなら、AGA治療か自毛植毛で対策していきましょう。AGAは、ほっといても必ず進行しますので、出来る限り早めに対策することをお勧めします。

と、最後にポロっと重要なことを伝えて、今回は以上です。

友達の若ハゲにも共有してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です