【薄毛対策】男性ホルモンの減らし方教えます【薄毛を治す必須項目】

男性ホルモンと薄毛が関係しているのは、ご存じの方も多いでしょう。

しかし、男性ホルモンの何がいけないのか?薄毛とどのように関係しているか?なぜ男性ホルモンを減らす必要があるのか?具体的に何をすればいいか?

この辺りまで正しく理解出来ている方は、おそらく少ないのではないでしょうか。我々男にとって、男性ホルモンは必要なものですから、何でもかんでも減らせばいいってもんじゃありません。正しく理解して、正しく対策することが薄毛改善につながるのです。

今回は、薄毛改善という意味合いでの『男性ホルモン抑制』について、詳しく説明します。

男性ホルモンにも様々な種類がある

男性ホルモン(アンドロゲン)とは、男性らしさを形づくる作用を持つステロイドホルモンの総称です。

先ほど、何でもかんでも減らすべきではないと言ったのは、我々の身体を形成するのに男性ホルモンは必要不可欠なものだからです。男性ホルモンと一言でいっても、実際は様々な種類が存在するので参考までにいくつか紹介しておきます。

  • テストステロン
  • ジヒドロテストステロン
  • アンドロステロン
  • デヒドロエピアンドロステロン
  • アンドロステンジオン

それぞれが重要な役割を担っているわけですが、注目すべきはテストステロンジヒドロテストステロンの2つです。この2つが薄毛と深く関わる男性ホルモンですから、今回はそこに焦点を当てて話していきます。

というより、ここに来る方は薄毛に関わるもの以外、別に興味ないでしょ?

てことで、テストステロンとジヒドロテストステロンがどのように薄毛と関わっているのか、話していきましょう。

分泌量NO.1のテストステロンとは?

テストステロンは、男性ホルモンの中でもっとも分泌量が多いホルモンです。

テストステロンは95%が精巣(睾丸)、5%が副腎で作られており、その主な役割は男性生殖器の発育、性欲、髭や体毛の形成、筋肉や骨格の成長など、男性らしさを表すことに大きく関わっています。

男性の象徴ともいえる筋肉や体毛に関わっていると聞けば、『テストステロンが多いとハゲるのか?』と思う方もいるでしょうが、一概にそうは言えません。ご自身の周りでも芸能人でもいいですが、体毛が濃くても髪がフサフサの人なんて沢山いますよね?

テストステロンが多くてハゲるのなら、理屈が通らないというものです。つまり、テストステロンが直接ハゲの原因ではないということです。

多くの方はテストステロンが薄毛の原因だと誤解して、分泌量を抑えるための対策を講じていたりします。例えば、脂っこい食事(コレステロール)を控えたり、睡眠に気をつけたり、射精を控えたり・・・・・。

はっきりいって、こんなことしても大した薄毛対策にはなりませんから無駄なことは止めておきましょう。(※ていうか、これでテストステロンが減るなんて根拠もありません)

確かにテストステロンの分泌量は無視できないところですが、それだけで薄毛にはならないということを覚えておいて下さい。

余談ですが、女性にハゲが少ないのは女性ホルモン(エストロゲン)の割合が多いからだと言われています。男性にも女性ホルモンが存在するので、『じゃ女性ホルモン増やせば、ハゲ治るんじゃね?』と疑似女性化を図る方がいますが、そんな簡単にハゲは治りません。

一見、理に適っているようにも見える方法ですが、それでハゲが治るのなら誰も苦労していないので、無駄な努力は止めておきましょう。疑似女性ホルモンを増やす的な方法が各所で提唱されているのもその為でしょうが、根拠のない薄毛対策には手を出さないようにして下さい。大豆イソフラボンなんかは、その典型でしょうね。

ちゃんと理にかなった薄毛対策はありますから、もっと根本的な原因に対処する方向でやらなければ意味はないのです。正しい薄毛対策は後述するとして、続いてジヒドロテストステロンについて詳しく解説していきます。

薄毛の原因はジヒドロテストステロン

『ジヒドロテストステロン(DHT)』もテストステロン同様、男性にとって必要なものです。

男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは、母親の胎内で胎児の男性器の発達に一役買っています。つまり、胎児が男性になるきっかけを作っているわけですから、我々にとってはかなり重要な存在ということです。

しかし、DHTの重要な役割はそれで終わり。

コイツの存在は年を重ねるごとに、必要のないものになってしまいます。実は、DHTもテストステロンと同じような役割を担っており、本来であれば過剰分泌しない限りは、大して問題視するようなものでもないのです。ただ、我々の場合はそうもいきません。

なぜなら、コイツのせいで『ハゲているのだから』

ジヒドロテストステロンが悪性男性ホルモンと呼ばれるのは薄毛の原因になっているからですが、なぜ薄毛を引き起こす原因になっているのか、もう少し詳しく話していきましょう。

AGA(男性型脱毛症)を発症するメカニズム

AGAの発症、つまり『ハゲる原因』について詳しく解説します。

ジヒドロテストステロンが薄毛を引き起こす原因になっているわけですが、もっと重要なのは、なぜコイツが発生するのかということです。DHTが出てこなければ、我々がハゲることもないわけですからね。

DHTは、テストステロンと5αリダクターゼ(還元酵素)が結び付くことで生み出されており、ここでテストステロンも間接的に薄毛と関わっています。先ほど『テストステロンの分泌量はそれほど関係ない』と言ったのは、5αリダクターゼが少なければ、そもそもDHTが発生しないからです。

問題は、むしろ『5αリダクターゼ』のほう。

この還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類が存在しており、主にⅡ型の5αリダクターゼが薄毛と深く関わっています。さらに、Ⅱ型5αリダクターゼは頭頂部や前頭部に集中しているため、そこが徹底的に薄くなっていくというわけです。

そして、残念ながら5αリダクターゼの分泌量は遺伝子によって決定されてしまいます。

さらに、もう1つの遺伝的要素として存在するのが『男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)』です。このアンドロゲンレセプターが悪性男性ホルモンであるDHTを受け取るわけですが、DHTを受ける感受性も遺伝子によって決定されています。そして、コイツが集中しているのも頭頂部や前頭部。

つまり、5αリダクターゼの分泌量、アンドロゲンレセプターの感受性がAGAを発症するかどうかを決定づけているというわけです。『AGA=遺伝』を結論付けているのは、このような理由があるからです。

何の根拠もない薄毛の原因より、よっぽど説得力がある内容だと思いますが、どうです?

DHTを減少させる方法

では、DHTを減少させる具体的な方法を説明していきます。

一番単純な方法としては・・・・・

金玉(睾丸)取っちまえ。

これが一番単純かつ効果的な方法です。これでハゲが治りますよ。なぜなら、ハゲる原因を根こそぎ取っ払えるんですから。・・・・・ていうのは冗談で、実際はもっと現実的な方法があります。まぁこれが出来る方はやってもいいと思いますが、大半はムリでしょう。

DHT抑制を現実的に可能にするのは、フィナステリドもしくはデュタステリドです。これらはAGA治療の定番成分として有名ですが、これらを利用することによって、先ほど言った5αリダクターゼを抑制することが出来ます。

5αリダクターゼを抑制することで、結果的にDHTも減少するというわけです。現状、これが一番現実的な薄毛対策になっており、AGA治療における最重要項目と言っても過言ではありません。

よく『5αリダクターゼ抑制、脱毛抑制、脱毛酵素ブロック』などと謳う育毛成分が出ていますが、実際に頭皮に塗って効果を示したものは1つも存在しないので、安易に信用するのは止めておきましょう。

科学的根拠に基づいているのは、現状フィナステリドとデュタステリドだけですし、それも内服薬としての効果ですから、それらしい売り文句には騙されないで下さい。

男性ホルモンを正しく理解して、ハゲを止めろ

今回は、薄毛対策という意味合いでの『男性ホルモン抑制』について話しましたが、いかがでしたか?

  • 薄毛の原因はDHT
  • DHTを抑えるには、フィナステリドorデュタステリドを利用する
  • DHT抑制は、薄毛対策の必須項目

男性ホルモンを抑えることについて、正しく理解して頂けたのではないでしょうか。

薄毛の進行を止める、薄毛を改善していくには、ここに書いた内容は必須項目ですから、本気で薄毛克服をお考えの方は是非実践して下さい。

早めに対策を打つのも重要項目の1つです。

 

友達の若ハゲにも共有してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です