ミノキシジルの2倍髪が生える?|リデンシルの嘘を徹底解剖したった

ミノキシジルの2倍とか言うくらいだから、当然『2倍生える』と思いますよね?

実際、そう言ってるサイトが沢山あるので誤解してる人も多いことでしょう。

この記事では『リデンシルがミノキシジルの2倍』だと言われる件について、とことんツッコんでいきたいと思います。

danchi
もう、この手の成分飽きたわマジで…
 

リデンシルとは?

リデンシルとは?

まずは、リデンシルという成分について説明していきます。

中身を知った時点で『あ、コイツ大したことねーわ』と思うかもしれませんが、ぜひ最後まで読んで頂けると幸いです。

リデンシルは5つの成分で構成されている

リデンシルは複数の成分の集合体で、スイスのインデュケム(Induchem)という会社が開発しています。

▼リデンシルを構成する成分▼

  • ピロ亜硫酸ナトリウム
  • グリシン
  • 塩化亜鉛
  • チャ葉エキス
  • セイヨウアカマツ球果エキス

※水とエタノールも含まれますが、説明不要なので省略してます。

成分の名前だけ見せられても何のこっちゃ分からないと思うので、1つずつ順番に紹介しますね。

ピロ亜硫酸ナトリウム

ピロ亜硫酸ナトリウムは酸化を防ぐ役割として、食品用漂白剤やワインにも使われている成分です。

育毛成分風に言うと抗酸化作用という立ち位置になるので、あくまでも補助的なものですね。

当然、髪が生える類のものではありません。

グリシン

グリシンは皮膚のコラーゲンを生成するアミノ酸の1種ですが、こちらも抗酸化作用という意味合いで入ってます。

食品から医薬品まで幅広く使われるくらいなので、安全で汎用性が高いんでしょうね。

どう考えても髪が生えることとは無縁なので、ハゲにはどうでもいい成分です。

塩化亜鉛

亜鉛は育毛業界じゃ大人気ですよね。

理由はケラチン(髪の毛の99%を占めるタンパク質)を作るのに必要だからですが、そもそも亜鉛が不足してハゲることってほぼありません。

たとえ不足してたとしても、リデンシルにちょろっと含まれる程度ではどうにもならないし、それなら『亜鉛サプリでも飲んどけや』という話です。

・・・これも髪が生えることと関係なし。

チャ葉エキス

チャ葉エキスに含まれる没食子酸エピガロカテキングルコシド(EGCG2)には、抗酸化作用や抗炎症作用があるみたいです。

(ま~た、酸化防止・・・)

これも髪が生えることとは無縁って、もう言わなくても分かりますね。

セイヨウアカマツ球果エキス

セイヨウアカマツ球果エキスには、ジヒドロケルセチングルコシド(DHQG)なる成分が含まれています。

DHQGは毛乳頭細胞や幹細胞(バルジ)を活性化するらしく、さらに細胞の自然死(アポトーシス)も防ぐと言われています。

ようやくそれっぽい成分が出てきましたね。

どうやらコイツが主役・・・というかリデンシルを構成する成分の中で、ハゲに役立ちそうなのはコレしかありません。

リデンシルって酸化防止剤やん

以上が、リデンシルを構成する5つの成分です。

  1. ピロ亜硫酸ナトリウム・・・抗酸化作用
  2. グリシン・・・抗酸化作用
  3. 塩化亜鉛・・・ケラチン生成
  4. チャ葉エキス・・・抗酸化作用
  5. セイヨウアカマツ球果エキス・・・細胞活性化

ご覧いただいた通り、リデンシルってほとんど酸化防止剤と言ってもいいくらい役に立たない成分で構成されています。

これが発毛の頂点に君臨するミノキシジル以上と言われる成分の中身ですが、あなたはどんな印象を受けますか?

danchi
もうすでに胡散臭いでしょ

ミノキ2倍の発毛効果は嘘

ミノキ2倍の発毛効果は嘘

さて、ここからが本題です。

インデュケム社が行った実験を見ながら、『ミノキシジルの2倍生える』を否定していきます。

リデンシルvsミノキシジル

リデンシルはミノキシジルとの比較実験を行っており、まさにこれが2倍の根拠になっています。

下の画像を見たことありませんか?

他サイトはこの画像を持ち出してきて、嬉しそうにほざきます。

『ミノキシジルの2倍だー!!』と。

まぁ早い話がリデンシル育毛剤を売るためのアピールに過ぎないので、素人の言うことは聞き流すようにして下さい。

(かく言う私もただの素人ですが、一旦ご勘弁を。)

というわけで、さっそくツッコミを入れていきましょう。

まず1つ目として、そもそも『2倍じゃなくて1.8倍くらいだろ』ってのがあります。

公式では2倍なんて言われてないにも関わらず、一部のバカが『2倍生えるよ!凄いよね!』とかほざいてやがるんですよ。

『アホかと。

これに関してはシンプルに嘘でしかないので、誤解を招くような発信はぜひとも控えて頂きたいですね。

2つ目はキャピキシルのときと同じで、この実験の土俵となってるのは人間の頭皮ではなく試験管だということです。

人間の頭皮と試験管の違いは、ハゲ遺伝子が存在するか否か。

培養した細胞ではミノキシジル以上かもしれないけど、ハゲ遺伝子の影響をもろに受ける頭皮だと同じ結果にはならないですからね。

こういう実験って育毛成分ではよくあることなので、誤解しないように気をつけるようにしましょう。

リデンシルvsプラセボ(偽薬)

次は、人間を対象にした臨床試験の画像を見てもらいます。これもよく出回ってるので、見たことあるかもしれませんね。

試験の内容は、『リデンシルを3ヶ月間つけたらどうなるの?』ってやつです。

左がプラセボ(偽薬)で右がリデンシルなんですが、リデンシルのほうが成長期の毛が増えたという結果になってます。

うん。確かに増えてるけど、それはさておきちょっと待て。

『ミノキシジルは?』

最初に見せた実験ではミノキシジルと比べてましたよね?

発毛成分の頂点に君臨するミノキシジルと比べてたのは、リデンシルがそれ以上だと示すために他ならないはずです。

それで『おれ約2倍だから』みたいに豪語していたにも関わらず、人間の頭皮で比較してるのはなぜかプラセボ・・・。

danchi
いやいや、なんでやねん

ミノキシジルより効果があると言うのなら、人間の頭皮でも同じように比べなければオカシイですよね?

むしろ本来争うべき土俵はそこのはずですし、ミノキシジル以上だと言い張るのなら尚更やるべきです。

実験結果の前にミノキシジルと比べていないのが腑に落ちませんし、これでは『ミノキシジルに負けるから?』と疑われても無理ありません。

ちなみに、被験者の写真がこちら。

ん~、、、まぁ増えてるっちゃ増えてますが、3ヶ月でこれって正直微妙じゃないですか?

これならリアップX5や海外製のミノキ10%とか使ったほうが増える気がするので、やっぱりミノキ2倍の効果はないと言えるでしょうね。

ちなみに、いちばん右の男性はまだ29歳なんだそうです。男性型脱毛症(AGA)は怖いですね・・・。

danchi
あ、俺25くらいですでに右の人より薄かったわ…

自社データは参考にならん

リデンシルの研究データには、客観性がありません。

なぜなら、開発メーカーのインデュケム社がそう言っているだけだから。

確かにそれなりの研究をしているのは間違いないので、実験すらしていないその他大勢より多少は信頼できるでしょう。

ただ、『自社データなんて何とでも言えるよね』ってのも正直なところなんですよね。

例えば、比較対象にしているミノキシジルは数多くの臨床試験が行われているので、客観的にも信憑性があるのは言うまでもありません。

その結果、世界中でハゲ治療に使われていますし、実際に多くのハゲがミノキシジルに救われたことでしょう。

それに比べてリデンシルは、

『自社の研究データしかない』

『ハゲ治療にも使われていない』

検証が十分ではないため、リデンシルの効果は未知数とも言えるでしょう。むしろ、そう言ったほうがまだ聞こえはいいかもしれません。

でもリデンシルが登場して数年経った今でも、『発毛成分の頂点はミノキシジル』というのが紛れもない事実です。

結局のところ、[リデンシル<ミノキシジル]という図式は相変わらずですし、おそらくそれは今後も変わることはないでしょう。

副作用なんてあるわけない

リデンシルに副作用なんかありません。

まぁ『ありません』というか、リデンシルに副作用があるかどうかなんて分からないので『ないに決まってる』という言い方にしておきます。

というのも髪を生やすほど強烈な作用を持つ成分には、『それなりの副作用も当然あるよね』ってのがハゲ治療の常識だからです。

例えば、DHTという男性ホルモンを抑えるフィナステリドには勃起不全や性欲減退といった、DHTを抑えたことによる弊害が出ることがあります。

ミノキシジルにも血管拡張作用があるため、頭痛やむくみが出たりするのです。

このように発毛作用をもたらすほどの成分には、それ相応の副作用がどうしても付いてまわります。

つまり、リデンシルにしろキャピキシルにしろ、『副作用もなく安全に使えて髪も生えちゃう』なんてのは基本的にありえないんですよ。

そもそもリデンシルって化粧品成分だから、副作用うんぬんの前に育毛効果を期待するほうが間違ってる気もします。

danchi
化粧品を頭に塗ってる自分を想像してごらん?

・・・・・かなり滑稽でしょ?

リデンシル育毛剤はマジで足元見すぎ

リデンシル育毛剤は高過ぎる

リデンシル育毛剤はクッソ高いです。

この記事を見た後で購入するチャレンジャーはまずいないと思いますが、参考までにいくつか紹介しておきます。

あくまでも注意喚起のためですから、ハゲてるなら買っちゃダメですよ。

名前 内容量/価格
REDEN 90ml/12,800円
Deeper3D 60ml/14,100円
薬用プランテルEX 50ml/13,800円
バイタルウェーブ 60ml/11,880円

(※単品購入した場合)

アホみたいに高くて1ミリも買おうと思わないけど、『そのぶん効果があるはずだ!』とか思うバカが一定数いるのは事実です。

この価格設定はどう考えてもハゲの足元見てるだけなので、値段に見合った価値は一切ありません。断言してもいい。

メーカー側は『あいつら必死だから高くても買うぜ』とか言いながら、ハゲを笑ってますよ。

danchi
ハゲなめんな

まとめ:リデンシルじゃなくて普通にミノキシジル使え

今回は、ミノキ2倍と評判のリデンシルについて解説しました。

最後に記事の要点をまとめておきます。

おさらい

リデンシルは、ほとんど酸化防止剤といってもいい

普通にミノキシジル使った方が髪は生える

リデンシル育毛剤高すぎワロタ

『リデンシルがミノキシジルの2倍生える』はシンプルに嘘ですから、普通にミノキシジル使ったほうが髪は生えます。

別にミノキシジル信者でもないし、リデンシルをバカにするつもりもないですが、ただ単純にそれが事実だということです。

育毛成分てのは割とすぐボロが出るので、裏付けが取れるまではあまり信用し過ぎないことをオススメします。

繰り返しますが、リデンシルという成分は他に比べるとかなりマシなレベルです。

なので、その他大勢がいかに役に立たない物であるかは察して下さいね。

danchi
ハゲは盲目だから、こういうの信じがちなのよ…

▼ついでに読んどく?▼

ミノキ3倍の発毛効果は嘘|キャピキシルが効かない理由を徹底解説

友達の若ハゲにも共有してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です