【酢酸DL-α-トコフェロール】ビタミンEで髪は生えない

ビタミンEで髪が生えると思う?じゃ落花生食ってりゃハゲないね。

育毛剤に含まれる成分としては割と定番になっている『酢酸DL-α-トコフェロール』ですが、当然ながら髪を生やすような代物ではございません。

今回は、この成分について詳しくご説明します。

酢酸DL-α-トコフェロールとは?

まずは、酢酸DL-α-トコフェロールとは何ぞや?という話から。

トコフェロールとは自然界に広く存在するビタミンEのことを指しており、酢酸DL-α-トコフェロールという長ったらしい名前は人工的に化学合成したビタミンE誘導体のことです。ビタミンEは脂溶性で水に溶けにくいため、育毛剤に含まれる際はこのビタミンE誘導体が用いられるというわけです。(育毛剤はほとんど水ですからね)

医薬品や食品添加物にも含まれるこの成分は、厚生労働省も有効成分として認めています。しかし、所詮ただのビタミンE。これで髪が生えることは100%ないのでご安心下さい。

酢酸DL-α-トコフェロールの育毛効果

では、肝心の育毛効果を見ていきましょう。

  • 血行促進
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用

いずれも育毛成分では、いたってありきたりなものばかりです。育毛サイトは、これらの育毛効果をいかにも髪が生えるように紹介しますが誤解しないように注意して下さい。そもそも、育毛効果すら怪しいのがこの成分なのです。

いかに髪が生えることと無縁なのか、順番に説明していきます。

血行促進

血行促進と謳う育毛成分は腐るほど存在しますが、その中に実際に髪が生える類のものは1つも存在しません。酢酸DL-α-トコフェロールも例に漏れず、科学的根拠が一切ないにもかかわらずそれらしい育毛効果を謳っているのです。

血行促進で髪が生えない理由は単純明快で、そもそも薄毛の原因が血行不良ではないからです。AGA(男性型脱毛症)発症は、男性ホルモンDHTや受容体の感受性といった遺伝的要因でほぼ100%決まってしまいます。そこに血行不良という要素が介入する余地はありませんし、仮に数%あったとしても血行促進が根本的解決になるはずがありません。

抗炎症作用

肌荒れを抑えて髪が生えると思いますか?

AGA以外の脱毛症であればワンチャンあるかもしれませんが、認識はあくまで補助効果でしょう。

抗酸化作用

紫外線から頭皮を守るだけ。

育毛剤に含まれる成分などカスみたいな量ですから、そんなもんで守れるのかは知りませんが。前述した通り、紫外線くらってハゲるのではなく遺伝でハゲるのです。酸化を抑えてハゲを止めるなんて言ってるサイトがあるのなら、的外れもいいとこ。

ビタミンE誘導体で髪は生えない

簡潔に説明しましたが、ご理解頂けましたか?

育毛サイトでは、いかにも髪が生えるように紹介されていますが、酢酸DL-α-トコフェロールの効果はせいぜい気休め程度です。ビタミンEを頭皮に塗ろうが、内服しようが副作用は出ないので安心安全の成分でしょう。

しかし、『副作用がない発毛成分は存在しない』という揺るぎない事実を忘れてはなりません。

どうしても薄毛を克服したいなら、副作用のリスクを押してでも治療をするしかないのです。

友達の若ハゲにも共有してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です